私たちと塩の深イイはなし NO.14〜「夜間頻尿の原因は塩の摂りすぎ?」〜

0

     

    今日の朝日です。雲が広がってていまいち。

     

     

     

    これは数日前の日の出。アップしてなかったのでここで改めて。

     

     

     

     今回は番外編としまして、前回ご紹介した「みそ汁血圧に影響しない」の記事をスクラップから取り出したときに一緒に出てきた奇天烈な記事をご紹介します。これは統計調査のやり方以前のものですから、余興と思って御覧ください。

     

     

    西日本新聞2016年2月13日「夜間頻尿 塩分摂りすぎ注意」というタイトルの記事です。(全文そのまま掲載します。)

     

     夜の眠りを妨げるたびたびの尿意を加齢のせいだと諦めるのは早いかもしれません。長崎大泌尿器科の松尾朋博助教、宮田康好准教授らのグループは、塩分を摂りすぎると夜間頻尿が起こりやすいことを研究で明らかにした。松尾さんは「夜の頻尿に悩む人は、食事の減塩を試してほしい」と呼び掛けている。

    グループは、ぼうこうの病気など頻尿の明らかな原因がある人を除く20〜90代の通院患者728人に研究に参加してもらった。来院時の検尿から1日の塩分摂取量を推定し、人数が半々になるように摂取量の多い群、少ない群に分け、夜間の尿の回数や量を記録してもらって両群を比較した。すると、摂取量が少ない群の夜間排尿は平均1.4回だったのに対し、多い群は同2.2回。尿量も摂取量が多い群が少ない群の約1.5倍だった。

     

     

     

    記事の現物です。

     

     

    ここで記事の本文、一旦中断です。

     

    ここまで読むと、「塩分を摂りすぎるとその分水を飲むよね。だとすると、夜中に起きてトイレに行くのも当然だけどなあ。」

    と、この記事の先行きが心配になった方もおられるのではないでしょうか?

    ところが、その危惧が的中します。

     

    さあ、記事のつづきです。

     

    塩分をたくさん取(ママ)ると喉が渇いて水分の摂りすぎにつながり、頻尿の原因になるが、松尾さんによると夜間頻尿の原因はそれだけではなく、ホルモンの働きなどが複雑に関係しているとみられている。

     この研究では、摂取量の多い群は1日平均11.4帖⊂ない群は同7%の塩分を取(ママ)っていた。厚生労働省は昨年、成人の1日当たり塩分摂取量の目標値を従来より引き下げ、男性は8.0通に、女性は7.0通にとした。

     

     

     

    以上が全文です。

     

    頻尿の原因は塩分の摂取にもあることは認めたうえで、

    頻尿をもたらす真犯人は…

    とくると思いきや、

     

    「ホルモンの働きなどが複雑に関係しているとみられている。」

    ですって、

     

    「おいおい、そこを端折ってどないすんねん!」

    と突っ込みを入れたくなります。

    だって、ここを明らかにしなければ、この論文にはなんの新規性もなくなってしまいます。

     

    ところが、そこは放ったまま、厚生労働省の塩分摂取の目標値などでお茶を濁して終わりとは。

     

    この論文はいったい何を伝えたかったのでしょうか?

     

    また、新聞社はこのような論文にどんな価値を見出して取り上げたのでしょうか?

     

    改めて、冒頭の部分を読むと、

    「加齢のせいだと諦めるのは早いかもしれません。」

    と弱弱しくも病院の受診を勧めています。

    販促の一環なのでしょうが、

    それにしても、「かもしれません」とは自信なさすぎですし、

    「夜の頻尿に悩む人は、食事の減塩を試してほしい。」

    と患者に「お試し」を進めるのは健康食品のようです。

     

    こんなところに気をつけながら新聞をお読みになったら、

    こんな記事にもたくさん出会えます。

     

    みなさん!気をつけなはれや♪

     

     


    滞在型の旅行プランが続々と誕生

    0

       

      昨日は、九商さんのコーディネーター会議で長崎に行っていました。

       

      いや〜久しぶりに船酔いしまい、危ないところでした。

       

       

      各コーディネーターさんから次々とすごいプランが上がってきています。

       

      釣り好きなら知らぬ人はいないといわれる岩永さん一押しのプラン。

       

      ハチミツ、釣り、ツバキとなんでもこなす天才肌。

       

       

      下五島の庄司さんのバイタリティもすごい。

      とにかくいろんなことに挑されています。

       

       

      同じく才津さんの芋ほりには上五島からも参加。

       

       

      私のほうは政彦神社の吉村宮司と文化財課の高橋さんを講師にお迎えして、

      「大人になってからの就学旅行」。

       

      まだまだ詰めているところです。

      年内にはみなさんにご紹介できればと最終段階です。

       


      私たちと塩の深イイはなし NO.13(12月2日)

      0

        さて、土曜日です。

         

         

        西日本新聞2014310日記事「みそ汁 血圧に影響しない」のつづきです。

         

         

        これが記事の現物です。

         

         

        多少は読めますかね。

         

         

         先週は、当記事の統計上の問題点を指摘しましたが、今週は「スプリアス効果」という統計上のバイアスという視点からお話しします。「スプリアス効果」については、「キレる食事と非行」「灰皿の数と肺ガン罹患」「暴力TVと非行」といった事例を通じてお話ししてきました。どちらも同じ原因から生じているのに、因果関係があるようにみえてしまうため起こってしまうバイアスことです。

         この味噌汁の記事にもその「スプリアス効果」が潜んでいるようです。

           

         そもそも、味噌汁を飲む習慣のある人々というのは、規則正しい生活をしていたり、健康に気をつけていたりするものです。つまり、味噌汁が直接的に健康に影響を与えているというより、その背景にある普段の生活習慣が好影響を与えている可能性が高い、のです。もちろん、味噌汁が直接的に影響している可能性も否定でできませんが、それをいうためには、生活習慣などの要因を取り除いた調査をしなければなりません。

         それだけではありません。今回の調査対象は、「人間ドッグを受けた」男性のみです。「人間ドッグを受ける」人々というのは、人間ドッグを受けない人よりも一般的に健康に留意しているといえます。そうした人々だけを調査対象とした調査に信頼性があるといえるでしょうか?こうした調査に基づいて、みそ汁と健康を関係づける研究発表がなされ、その内容を検証もせずに記事にするメディア。健康についての統計データには慎重に接しなければならないことを痛感させられます。

         最後にもう一つ面白いことを指摘しておきます。

         実はこの研究、「日本高血圧学会」で発表された、とあります。減塩推進を強力に推進しているこの学会と大学の研究者、そして今回の発表を歓迎する中小の味噌メーカー。この複雑な利害関係をどう読み解くか?時間がある方はお考えください。


        またゴールデンウイークに!

        0

           

          頭ヶ島大橋(赤い橋)の上に朝日がもれていました。

           

           

          昨日は見送りの日。あっという間の三日間でした。

          マルゲリータもとても気に入っていただけました。

           

          はたしたさんに寄ってお土産を買って、鯛之浦港へ。

           

           

          かなと君がずっと手を振ってくれました。

           

           

          またゴールデンウイークにお会いしましょう!

           

           

           

           

           

           

           

           


          甥っ子奥様ご家族をご案内!

          0

             

            さて昨日、甥のよしき君の奥様・ともこさんのご家族がお越しになりました。

            14時40分の鯛ノ浦港です。

             

             

            よしき君の長男・かなと君、上五島デビューです。

             

            とりあえず、マルゲリータにチェックイン、

            そして祖父母宅へ。

             

             

            上五島の海の幸でおもてなし。

            かなと君は人見知りもせずいつもニコニコ。

             

            そして翌日午前は、若松方面へ。

             

             

            桐古里郷へ行って、

             

             

            西神之浦へ。

             

             

             

             

            本当は女船頭・濱川久美子さんのカテリナで遊覧予定でしたが、

            エンジントラブルで中止、

             

            濱川さんの休憩所で昼食のみいただきました。

             

             

            いや〜、ごちそう。

            イセエビ、アジ刺し、厚焼き、かんぼこ、黒ムツ塩焼き、マグロ頭丼などなど。

             

            食事中、隣からトンカチの音がするので、

            「家の修繕してるの?」と覗いてみると、

             

             

            伊勢海老の味噌汁の準備中でした。

             

             

            いや〜うまくて楽しい昼食でした。

            今度は是非、カテリナで若松の海を遊覧したいです。

             

             

            そして、頭ヶ島教会へ。

             

             

            15時過ぎに祖父母宅に寄っていただき、

            あわせて、うみしお工房も見学いただきました。

             

            もうすぐマルゲリータに戻られ、明日東京へ帰られます。

             

             

             

             

             

             

             

             


            うみしおツアーつづき&O熊・S木両家の来島!

            0

              本日は晴れ&風もなく穏やかな天気です。

              (写メの調子が悪くて写真なしで失礼します。)

               

              本日午後、横浜から甥のO熊とS家がお越しになります。

              甥自身は仕事で来れないのですが、

              奥様ともうすぐ1歳になるご子息、そして奥様のお母様とおばあちゃま。

              総勢4名でのお越しです。

               

              さて、ツアーの続きをお伝えします。

               

               

              日の丸屋でコーヒーブレイクしたあと、

              これこそ本番のうみしお工房見学。

               

              しっかりとご覧いただきました。

               

               

               

              そして、またまた日の丸屋へ戻り、

              今回ツアーの目玉企画。

              塩の紙芝居&地元の人々を交えた交流会です。

               

               

              紙芝居は17時にスタート。

              5分前にはお集まりいただいていました。

               

               

              はじまりはじまり。

               

               

              その後質疑応答。

              きびしい質問に四苦八苦する場面もありながら、

              丸一時間お話しさせていただきました。

               

               

              そして、18時からは交流会。

              地元産の食を交えておもてなし。

              おおい盛り上がりました!

               

               

              そして翌日は午前中、頭ケが島方面へ。

              黒崎園地です。

               

               

              頭ケ島教会。

               

               

              龍馬ゆかりの地と漂流者たちのお墓。

               

               

              そして私もはじめての孕神社。

               

               

              で、昼食は昨年のツアーでお邪魔した喫茶ランブルさんへ。

              石丸さんのたっての希望で、カレー&コーヒー。

              久しぶりですがおいしかったです。

               

               

               

              午後はうみしお工房に寄って海水をくみ上げ、

              青砂ケ浦教会、

               

               

              矢堅目公園です。

               

              そして、午後4時過ぎ、前田旅館に戻って予定終了。

               

              26日の午前のフェリーなみじで帰途に。

               

              今回は政彦神社での吉村宮司による講話、前田旅館女将による郷土料理教室、

              日の丸屋での交流と、地元食豊かな企画にお二人とも大喜びでした。

               

              次回は是非、神楽を観たいとおっしゃっていました。

               

               

               

               

               

               


              うみしおツアーでお客様をご案内中&私たちと塩の深イイはなし

              0

                 

                23日(木)の16時過ぎ、九州商船のフェリーなみじが有川港に到着。

                今回のツアーでは、熊本と東京からお二人のお客様をお迎えしました。

                 

                県庁時代にお世話になった写真家の石丸さんのご姉妹です。

                石丸さんは5年前に亡くなられましたが、そのご姉妹にはずっとうみしおでお世話になっています。

                今回、お姉様の工藤様は東京から、妹の石丸様には熊本からお越しいただきました。

                 

                 

                17時前に前田旅館に到着。

                お部屋でオリエンテーションを行いました。

                 

                石丸さんは昨年のツアーにもお越しになられ上五島は3回目、

                工藤さんは初めての上五島となります。

                 

                そして翌朝。

                 

                 

                朝9時、政彦神社へ。

                吉村宮司から上五島の歴史と文化についてお話しをいただきました。

                 

                その際、正式な参拝の方法についてもご教示いただきます。

                参拝作法などきちんと教えていただいたことがないので、

                私自身も大変勉強になりました。

                 

                 

                そして、おはなし。

                上五島の歴史、島の宗教、島人の暮らしなど、

                ツアー初日にふさわしい内容ばかり。

                 

                あっという間に50分すぎてしまいました。

                久しぶりにお話しをお聞きしましたがさすがです。

                今私が企画している九商の滞在型プラン、

                これは興味深くなる、と意を強くした次第です。

                 

                 

                 

                そして北魚目に車を走らせ、襪呂燭靴燭気鵑悄

                今日は午前中、あご焼きをされると聞いていたいので、

                お邪魔してみました。

                 

                まずは社長からあごについておはなしいただき、

                 

                 

                あごを焼いておられるところを見学しました。

                 

                お二人も見たことがなかったそうなので、

                ラッキーでした。

                 

                 

                 

                そして、11時20分、前田旅館に戻り、

                「上五島の食文化と郷土料理」と題して、

                料理の説明と実際の料理を体験させていただきました。

                 

                 

                干し大根の幅広のやつです。

                 

                地元流の煮付けと、五目御飯を作っていただき、

                 

                 

                昼食でそれらをいただきました。

                五島うどんの地獄焚きも加わり(今回は卵でいただきました。)、

                とても楽しい時間となりました。

                 

                これも滞在型プランにいただきです!

                 

                 

                昼食後は、再び奈摩郷へと向かい、日の丸屋へ。

                こちらでコーヒーブレイクをして、本番のうみしお工房へ。

                つづきはまた!

                 

                 

                 

                さて、先週お休みしていたシリーズをお届けします。

                 

                 

                 

                私たちと塩の深イイはなし NO.12

                 

                「スプリアス効果」というバイアス(偏向)が、新聞紙上などで取り上げられる統計データによくみられる、という話をしました。今回はそうした事例の中から塩とも関係が深い「味噌汁」についての話題をご紹介します。「日本の食文化を守り・伝える」という私ども理念からすると塩の同志ともいえる「味噌汁」。減塩志向の中でこのみそ汁が敬遠されている現状は見るに堪えませんが、このような統計データの活用での名誉回復はいかがなものでしょうか?

                 

                西日本新聞2014310日記事から

                 「みそ汁 血圧に影響しない」というタイトル。「習慣的味噌汁摂取が血管年齢に与える影響」で、昨年の日本高血圧学会で発表された。これによると、東京都内の病院の人間ドッグを受けた男性約100人を対象にみそ汁を飲む頻度ごとに血圧への影響を調べた結果、関連は認められなかった。さらに、みそ汁を1日約1杯飲む食生活を続けると、血管年齢が10歳程度改善する傾向があることも確認されたという。

                 また、上原教授のラットを使った実験では、みそ汁を摂取すると食塩が効率的に排せつされることが判明し、みそが血管を拡張する可能性も明らかに。上原教授は「みそは健康的な食材であることが科学的にはっきりしました」と解説。塩分があるから健康によくない、と短絡的なバッシングを受けてきたみそが、科学的に“名誉回復”された形だ。

                 

                今回は私の新聞スクラップの中からご紹介しました。

                さて、この記事を読まれてどのように感じられましたか?勘のいい方ならすぐにお気づきかもしれませんが、私の方から問題だと思われる個所を以下、列挙してみたいと思います。

                ・…東京都内の病院人間ドッグを受けた男性100を対象に

                ・…みそ汁を1日約1杯飲む食生活を続けると、血管年齢が10歳程度改善する傾向があることも確認されたという

                 

                 まずは「スプリアス効果」以前の問題点について。

                統計対象が‥豕都内のみである、病院に来院して、人間ドッグを受けたっ棒、というかなり条件付きの対象であること。しかも、ぅ汽鵐廛訖瑤100人。これで「みそ汁は血圧に影響しない」と断定することができるのか?しかも、このような調査で、「血管年齢が10歳程度改善する傾向がある」とまで言い切ることが果たしてできるのか?

                 そして、このような定説を覆す研究発表であるにも関わらず、統計調査の方法と詳しい調査結果が全く公表されていません。ネットで検索しましたところ、高血圧学会や味噌の団体のホームページ上で研究発表が大々的に紹介されるだけで、その根拠となる統計調査の内容を詳しく伝えるものは見当たりませんでした。

                 これではみそ汁の名誉回復という結論が先にあっての調査、といわれても仕方ありません。

                 

                 そのうえで、「スプリアス効果」についてです。

                仮に、以上述べたような統計上の問題的に目をつぶったとしても、この調査だけをもって「味噌汁が血圧に影響しない」と断定することはできません。

                 

                (来週につづきます。)

                 

                 

                 

                 

                 


                初の紙芝居ツアーに行ってきました!

                0

                   

                  久しぶりの更新になります。

                   

                  実は、18日から20日まで熊本へ行っていました。

                   

                  以前お伝えしていた紙芝居による塩のはなしです。

                   

                   

                  19日(土)は八代ハーモニーホールをお借りして。

                  久しぶりにお会いする恩人、うみしおのお得意様、そして私の父母と川崎から来ていた妹。

                  そのほか、八高の先輩でもあるいとことその同級生の方々、

                  父の知人、ご案内していた「くまもと有機の会」の職員さん。

                  20数名様にお集まりいただきました。

                   

                   

                  翌日の20日(日)は熊本市の国際交流会館。

                  こちらは県庁時代お世話になったH口さんに会場手配から何からおんぶにだっこでし。

                   

                   

                  県庁時代の上司や同僚、高校の同級生、古くからのお客様、

                  そして道津さんのご紹介で加入したばかりの「ふるさと食農ほんわかネット」のみなさま。

                  30名を超え皆さままにお越しいただきました。

                   

                  資料が足りなくてまさに嬉しい悲鳴でした。

                   

                   

                   

                  さらに翌日の20日(月)は、人吉球磨のあさぎり町へ。

                  深田にあるリュウキンカの郷さんです。

                   

                  今日はひまわり亭さん主催の味噌づくり講習会でお時間をいただけることになりました。

                   

                   

                  すぐに深田の農産物加工所に場所をうつし、味噌づくり体験。

                   

                   

                  私も触ってみましたが、ほぼうちの味噌と同じかたさでした。

                   

                   

                  そのうち1キロをみなさんでいただいて帰ります。

                   

                   

                  終了後、リュウキンカの郷に場所を移し昼食です。

                  昼食終了後、塩の紙芝居の時間を頂戴しています。

                   

                   

                  商品もお持ちしました。

                   

                   

                  昼食はお味噌を使った料理。

                  サバの味噌煮がしっかり味がついておりまいうです。

                  これこそ日本の伝統食です。

                   

                   

                  昼食後、ひまわり亭代表の本田節さんからお話しがあり、

                  私からも紙芝居のお時間を頂戴しました。

                   

                  ここでもいろんな方にお世話になりました。

                   

                   

                  そして、午後3時。願成寺町の坂本様宅にてまた1時間ほど。

                  坂本様は県庁人吉時代の上司であり、創業以来ずっとお世話になっています。

                   

                  たくさんのお客様にうみしおを広めていただき、

                  私が来るということでご自宅にご友人を集めていただきました。

                  みなさんほとんどがうみしおのお客様で、

                  熱心に話をお聴きいただきました。

                   

                  お客様に直接お会いして話ができるなんて、ホント光栄ですし、

                  楽しいです。商売名利につきます。

                   

                  密度の濃い三日間を終え、火曜日に島に帰りました。

                   

                  そして、本日からうみしおツアーでお二人のお客様をお迎えします。

                   

                  そろそろ、有川ターミナルにお迎えです。

                  また、お伝えします。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  立串の乙宮神社に行ってきました。

                  0

                     

                    11日の土曜日午後7時前。

                    立串郷の乙宮神社の例大祭に行ってきました。

                     

                     

                    神社の前にある公園です。

                     

                    保育所、小学校とダイが友だちとよく遊んでいました。

                    その当時は、週1回は来ていたのですが最近はさっぱり。

                    4、5年ぶりでしょうか。

                     

                     

                    神社の境内まではお年寄りが足を運べないということで、

                    近年は公民館で行われています。

                     

                    玉ぐし奉納のときにはくじをいただき、

                    最後にそのくじに従って奉納品をいただけるという嬉しい企画もあります。

                     

                     

                    ここの神楽の特徴は、地域の子どもが大役を担っているところ。

                     

                     

                    なんと天狗と獅子舞を小学生が…

                     

                     

                    だいぶ練習したようです。

                     

                     

                    それと半分は地域の人々の踊りなどの奉納です。

                    地域の人々とともにある祭りであるために、

                    伝統と現代をいかに調和させるかが大事なようです。

                     

                     

                    獅子駒に襲われ泣き叫ぶ幼児、という場面もあり。

                     

                    神社による違いも知って、有意義な時間になりました。


                    北魚目中学校最後の学習発表会

                    0

                       

                      快晴です。(ボケてますが…)

                       

                       

                      さて、昨日は北中の学習発表会に行ってきました。

                      これが北魚目中学校としては最後の学習発表会です。

                       

                       

                      いろいろな作品が展示されています。

                       

                       

                      2年生の職場体験の発表も行われました。

                      もちろん、うみしおで職場体験した立木君の発表もありました。

                       

                       

                      驚いたのは、彼の目のつけどころです。

                       

                      職場体験中は、いろんなことを伝えましたが、その中から、

                       

                      /祐屬おいしく感じる塩分濃度が0.9%で、それが体液の塩分濃度と同じ、

                      △砲りの主成分である塩化マグネシウム等は体にとって悪い、だから製塩の工程で取り除く、

                       

                      ということを取り上げて発表していました。

                       

                       

                      すばらしい!将来が楽しみです。

                       

                       

                      大水石油での職場体験は劇にもなっていました。

                       

                       

                      ヒロたち3年生は福祉体験学習の発表と劇。

                       

                       

                      いや〜感動しました。

                      また、6人の生徒の演技のすばらしさ。いや〜驚きです。

                       

                      ヒロは神様(仙人?)という大役。

                      最初から最後までの長セリフをカンペなしで完璧に終えました。

                       

                      保育所からみてきた子たちだけに感動もひとしおです。

                       

                       

                      最後に全校生徒で合唱。

                      これがまた上手なのです。

                       

                      感動につく感動につぐ学習発表会でした。

                       

                       

                       

                      さて、土曜日です。いつものやつをお届けします。

                      今週はちゃんと土曜日に間に合いました。

                       

                      私たちと塩の深イイはなし NO.11

                       

                      今回も「スプリアス効果」というバイアス(偏向)から生じる統計上の誤りについてお話しします。案内役は例によって谷岡一郎著「社会調査のウソ」(文春新書)です。

                      今回の箇所では筆者も少々ヒートアップ気味。

                      統計調査のプロだからこその熱き思い、

                      と良い様に解釈してお読みください。

                       

                       

                      《「暴力TV、子供に影響/なぐる・ける…と相関/小中学生を総務庁調査」

                       テレビ番組で暴力シーンを見ることが多い子供ほど暴力行為や、万引き、喫煙など非行・問題行動に走りやすいことが、総務庁の調査結果で明らかになった。(後略)》(「朝日新聞」1999年10月31日)

                       いつも不思議に思うのだが、このような調査を計画し、勝手な結論を出しては新聞社などのマスコミに流す人間というのは、いったい何を考えているのだろう。特定の意思(悪意)があってのことなのか、それとも単に頭が悪いだけなのか。ただ「相関があった」と言えば済むところを、「○○が××に影響」などと証明もできていないことを発表するのは、総務庁が調査に詳しい人間を何人も抱えていることを勘案すると、何らかの目的を持って民衆を騙すためではないかとも思われてくる。

                       普通の感覚であれば、見出しのような[TVの暴力シーン→子供の非行]といった因果モデルよりも、次のようなモデルに思い至るものである。

                       

                      ★親の育て方→子供の暴力的な性格 → 暴力的なTVをよく見る

                                       → 暴力・万引きなどの非行

                      または、

                      ★すぐ、なぐる・けるような性格 → 暴力TVをよく見る

                      もちろん、この図式も仮設にすぎないが、要するに「暴力的TV」をよく見ることが「暴力や万引き」を引き起こすと結論づけることが、いかに乱暴なことであるかがわかってもらえればよいのである。

                       

                       

                       以上、「社会調査のウソ」から引用しました。

                       

                       「そんなことあるわけね〜だろ!」「くだらんこと言うな!」。

                      テレビに登場するキャスターやコメンテイターに向かって毒づく人が世の中には結構いるようです。

                      相手には届かないのについ…。私もそうした癖をもつものの一人です。

                      もっとも最近は、テレビのニュースは極力見ないようにしていますが、

                      新聞は一応情報源として読まざるを得ず、毎日一通り目を通すようにはしております。

                       

                      するとあるわあるわ…。筆者のような専門家の啓蒙活動にもかかわらず、

                      統計データのデタラメは増える一方、といっても言い過ぎではないでしょう。

                      なるべくイライラしないようにはしているのですが…。

                       

                       

                       

                       



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      訪問者数

                      無料カウンター

                      うみしお工房&塩づくり風景

                      国産塩3種の製法と成分の違いについてお話します!



                      お客様の声 新上五島町青方郷 竹山茂雄様



                       

                      ご注文方法



                        photo by wakamatsu
                      '16年3月1日に料金を改定しました。
                      五島のうみしお450g 1,200円
                      同      200g  600円
                      同      1繊 2,300円
                      塩こしょう   80g   400円
                      ハーブ塩    70g   400円
                      ご注文は電話ファックス0959−55−2780あるいはEメール:shioyanome@yahoo.co.jpでお願いします。 送料は大阪以西が一律630円、以東が一律860円。数量に制限がありますが、スマートレター180円(うみしお450g×1個 or うみしお200g×2個)、レターパックライト360円(うみしお450g×2個 or うみしお200g×4個)でのご注文も承ります。お支払いはお届け時に同封の郵便振込み用紙にてお願いします。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 私たちと塩の深イイはなし NO1
                        umisio
                      • 塩田(えんでん)に武士がいた!?
                        umisio
                      • 学習院女子大のみなさんと…
                        umisio
                      • 日の丸屋で盛り上がりました。
                        Ken Kaasaki
                      • 私たちと塩の深イイはなし NO1
                        夢追人
                      • 学習院女子大のみなさんと…
                        和田伸二
                      • 塩田(えんでん)に武士がいた!?
                        そのかわ
                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        umisio
                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        日の丸屋
                      • 快晴です。
                        umisio

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM