あご漁の船発見!

0


    早朝、あご漁の船を発見!
    北ん風が吹かなかったのか、今年はだいぶ遅いような気がします。



    わが家恒例のあご焼きができればいいのですが。



    今日はかなりの波でした。



    先日修理した庇の取り付け方が間違ってて雨漏りしていたので、
    どうしたらいいかK矢さんに相談したら、

    庇にのぼってすべてやっていただきました。
    いや〜、助かりました。



     


    イノシシが入ってました。

    0
       

      久しぶりに波が荒れていません。
      今日は仕事ができそうです。

      いってらっしゃ〜



      散歩の途中、突然ゴンが興奮するので寄ってみると、
      小さいイノシシがかかっていました。

      最近、家の周囲に出没していたやつです。



      N中さんに通報して捕獲してもらいました。

      かわいそうですが小さいうちに捕獲してもらえば助かります。


      残酷さって何だろう

      0


        「殺してる現場を見ると食べられなくなる」と
        生き物を殺すことに罪悪感を感じる人がいます。

        その一方で、
        自分の手で殺さずに食べることに罪悪感を抱く人もいます。

        私が知っている猟をする人はやさしい人ばかり。
        きっと、そういう思いもあるのでは…



        当たり前のことですが、
        人間は生き物を殺さずして生きることはできません。
        「業」といいます。
        それに対処するき道は二つ。

        見ないようにするか、
        業に真正面から向き合うか。

        スーパーに行けば何でも買える現代において、
        あえて人間の業に真正面から向き合おうとする人々に
        私は共感し、敬意を表するのです。





        R指定かな?

        0

          イノシシがかかって丸一日。
          日中はだいぶおとなしくなり、眠ったり…
          でも夜中になると、何か寂しそうに遠吠えのようなものも。

          いかん!近くにいると情が移りそう、

          朝7時。
          N中さんがやってきました。
          女性も一緒。最初は奥さんと思っていたら、
          隊長ママでした。

          いつもは隊長ママのことろで解体されているのですが、
          わが家から道路まで距離がある上、
          獲物が80キロ級なので、
          わが家で解体したうえで運ぶことに。


          牙の長さからするとかなり年齢がいっているそうです。
          性別は大きさからすぐにオスだと分かるそうです。
          メスは50キロ以上にはならないとか。



          虫よけスプレーを全身にかけて、
          ダニ退治。
          イノシシが死んで体温が下がると、
          ダニが人間に移ってくるので、まずはダニ退治というわけです。
          結構大きなダニです。
          ついたら結構大変のようです。



          シャワーで洗浄します。
          朝から小雨が降っていたのでカッパ姿。

          これから解体です。

          K君も見学にやってきました。
          プロの手さばきにうっとり。



          皮さばきも見事。
          なんでもそうですが、上手であればあるほど周囲には簡単そうにみえるもの。
          ほんと、すごい手さばきです。




          好奇心旺盛な子ネコたちが…



          作業の邪魔をしてご迷惑をおかけしました。



          先日小鳥を捕獲したラッキーはとくに興味津津。
          ガブリと噛みつきます。あとでね。



          作業開始から2時間弱。
          「漁協の配給があるから行ってー」との奥さんからの電話。

          もう終わりますよ。

          とにかく、見事に解体が終わりました。
          脂肪もほどよくついておいしいかも、とのこと。

          スペアリブのところ、もも肉からたくさんいただきました。

          ここまでくるとイノシシの姿も浮かばず、
          ただただおいしそう、と思うのみ。

          おいしくいただいて成仏していただきましょう。

          N中さん、隊長ママ、今日は本当ありがとうございました。


          やっと今日から枕を高くして寝ることができます。





           


          AM1:05

          0

            ワンワン。ゴンのほえる声。

            時計はAM1:00

            きたか!

            かかったら音がするだろう…ムニャムニャ

            ドカドカドカーン

            かかったー!!





            あののんびりした動きが嘘のよう。
            入れていたポリタンクを蹴飛ばしたり、噛んだり、
            檻に何度も突進したり、
            真夜中に爆音をかっとばしてました。

            時間はAM1:05

            仕掛けをして二日目。
            一度失敗すると二度とかかりませんので
            気合が入ってました。

            これでやっと枕を高くして眠れると一安心。

            でも檻を突き破って出てきそうな勢いと騒音で
            朝まで起きていました。でもこれが最後と思うと…



            手前に入れていた紙袋は引っ張り出しています。
            やっぱり警戒してなかなか入らなかったんですね。



            檻にぶつかってドアがレールから外れています。
            これは想定内でした。
            ガラスが割れても仕方ないと思っていました。



            凶暴です。
            近づくとすごい勢いでぶつかってきます。
            いつもののんびり逃げる姿がうそのよう。

            早くN中さんに来てもらわねば…
            日曜日だからすぐ来てくれるだろう。

            8時に携帯に筺
            すると、「今、嬉野(うれしの)にいるんですよ」

            「えっ温泉!」

            「明日行きますね」
            「ただし、檻の横は通らないようにしてくださいね。」

            心配してくれている。
            「やっぱり危ないんですね」

            「いえ、横向きになって体をぶつるとそこがうっ血するんですよ」

            心配していたのは肉の方だった!ぐすん。

            しかし、心細い。










            イノシシは?

            0

              今日は気になってなかなか眠れません。

              ところが今夜はゴンも一切吠えず。
              珍しくいらっしゃらなかったようです。

              そういえば、1週間に1日くらい
              お休みのときがあるようです。
              週休1日ですね。

              明日こそ!乞うご期待。




              義父母宅に今年も皇帝ダリヤが咲きました。



              高さ3メートルはありそうです。
              きれいでしょう。



              秘策あり。

              0

                この1ヶ月、毎日のように続くイノシシの訪問。

                ひどいときは一夜で3回訪れることも。

                そのたびに律儀なゴンは吠え、窓から懐中電灯を照らし、前もって用意している石を投げて追い返す、この繰り返し。


                相手のイノシシは80キロはありそう。

                石を投げても音を立てても悠々と出ていく厚かましさ。 


                やつが姿を頻繁に見せるようになったのは、
                物置のドアを閉め忘れ、置いておいた
                五島うどんの「節めん」を食べられて以来。
                 

                また来てはかなわんと、自宅を挟んで反対側にある物置に「節めん」を移しますが、その夜、老朽化した壁を突き破り「節めん」を食い散らかしていたことはすでにブログに書きました。

                その後、畑の柵を壊されたり、畑を荒らされ、
                自宅に被害が及ぶのも時間の問題では?
                との不安に加え深刻な睡眠不足。

                 

                 頼みの箱罠にもこの1カ月余り警戒して近づきません。
                こういう用心深いのが家族に1頭はいるそうです

                 何か良い手はないか?連日連夜、考えているうち、
                昨夜、布団の中で「これだ!」という案を思いつきました。

                 
                 


                これが最初に入られた物置です。(半年前まで塩小屋)。

                ドアのあたりを見ると、ドアを開けようとしている痕跡が。
                あれ以来、ここへやってきては中に入ろうとしているようです。

                もし、このドアが開いていれば中に入ることは間違いない!?、
                しかし、中に箱罠を置いても警戒して絶対に近寄らない。
                じゃあ、こんな風にしたらどうでしょう?



                浦桑のベスト電器さんで冷蔵庫の段ボール
                もらってきました。
                箱罠のサイズとほぼ同じ。



                これを箱罠に入れて…
                ラッキーどいて。



                もうロッキーまで。



                段ボールをきっちり檻に固定して…



                一番奥に「節めん」を入れた米袋。
                米袋の手前にみえる鉄棒をイノシシが踏めば、
                扉が落ちる仕掛けになっているのです。



                仕掛けの鉄棒などが見えないよう段ボールなどで目隠し、
                さらに箱罠の殺風景さを消すために、
                20リットルタンクや藁を入れたりして、
                物置感を演出。どうですか?



                でも藁は完全に失敗。居心地がいいのでネコたちが離れません。




                最終的にはこういう感じに。手前は空っぽの米袋。
                その奥は薪の入った袋。
                そして、その奥にお気に入りの「節めん」が入った米袋。
                でもこんなにドアを開けてたら、罠であることは歴然。



                イノシシがドアをあけることを信じて2センチほど開けておきます。
                こうすると自分の体が入るだけドアを開けるので
                箱罠に気付かないのでは?との希望的観測。

                入るでしょうか?
                入ると思うんですが…。





                またやられました。

                0


                  来月、お姉ちゃんの友だちのクリスマスパーティにきていいよ、
                  といわれたヒロ。
                  プレゼントを買うお金が足りないから、とお手伝いを申し出。

                  誰よりも早く起きて、にわとりの餌づくりのお手伝い。



                  早起きの子ネコたちにまとわりつかれながら一日目終了。

                  にわとり小屋に餌をもっていく途中、



                  このあいだ、やられていた個所をまたしもて…



                  もうちょいのところで食いとめていました。
                  夕方までに修繕しなくては。



                  昨日の夕方からS本さんがダンプで廃材を



                  しめてトラック7台分。
                  くるたびに整理する1日でした。



                  燃料満タン。



                  ばあちゃんが熊本名物・いきなりだんごを蒸してくれました。



                  川越のO熊家から送られてきたさつまいもとあんこに絶妙なだんごの皮。
                  ばあちゃんの得意料理。
                  熊本で売ってるやつより断然うまい!



                  さつまいもとあんを団子でくるむのです。熊本の名物。
                  食べたい方いますかー?







                  イノシシ仕掛けを移して

                  0

                    イノシシの仕掛けを移動させるために
                    N中さんにきていただきました。



                    餌ももってきていただきました。
                    ただし、昼間はカラスなどがかかるので、
                    仕掛けの糸の張り方を教えていただき、
                    暗くなってから仕掛けました。



                    どうぞかかってくれますように。



                    夕方、ゴン隊長が釣りのDVDを仕事帰りに
                    持ってきてくれました。



                    ありがとうございます。
                    でも、子ネコはお譲りできません。悪しからず。



                    土日は時化のようなので
                    これで勉強しましょう。

                    ありがとうございました。


                    このやろー

                    0
                      真夜中、物置の方角から変な音。
                      ネズミの音ではない。


                      海中電灯を下げて出ようとしてから
                      吠えだすわが家の番犬君。

                      懐中電灯を向けると
                      イノシシがゆうゆうと立ち去る姿が。


                      物置に近づくと…



                      (写真は明るくなってからのもの)




                      門柱の扉を押しあけ、敷地内に侵入。

                      老朽化したこの部分をめくり上げ、

                       


                      「節めん」を入れた袋を食いちぎり
                      食べています。

                      実は、この節めん、別の小屋に入れていたのですが、
                      おとといその小屋のドアを閉め忘れて、
                      イノシシに一部食べられていたのです。

                      それに味をしめ、昨夜も何度もその小屋の前をうろうろするので
                      この物置に移していたのです。
                      それがこの有り様。

                      前日は、畑のメッシュ柵の隙間もこじ開けられ、
                      作りたての畝を掘り返され、頭にきたばっかり。


                      このままではおちおち眠れません。
                      いつもお世話になっているN中さんに電話。

                      お仕事中にもかかわらず、仕掛けの檻を
                      もってきていただきました。








                      おとり餌にはもちろん「節めん」。
                      さつまいもはN中さん持参のもの。

                      毎晩来ていることだし、大きさからいって今春、生まれたやつ。

                      先日続けて同じ大きさのが二頭かかっているので、
                      きっとかかる、と素人的には思うのですが、
                      N中さんいわく、
                      「同じ家族の中にかからんとが絶対おるとですよ」
                      とのこと。

                      これこそ「個性」
                      種を保存するために備わった個性が
                      こうした場面でも発揮されるのです。

                      のろいの、すばしっこいの、
                      いろんなタイプがいることで、
                      いろんな環境の変化、天変地異が起こっても
                      種を何とか保存させていく、
                      生き物に共通の仕組み。

                      すごいです。

                      と感心している場合ではありません。

                      「かかってくれよ」
                      祈るような気持ちです。

                      これは実際に被害にあわないと分からない気持ちだと思います。













                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      訪問者数

                      無料カウンター

                      うみしお工房&塩づくり風景

                      国産塩3種の製法と成分の違いについてお話します!



                      お客様の声 新上五島町青方郷 竹山茂雄様



                       

                      ご注文方法



                        photo by wakamatsu
                      '16年3月1日に料金を改定しました。
                      五島のうみしお450g 1,200円
                      同      200g  600円
                      同      1繊 2,300円
                      塩こしょう   80g   400円
                      ハーブ塩    70g   400円
                      ご注文は電話ファックス0959−55−2780あるいはEメール:shioyanome@yahoo.co.jpでお願いします。 送料は大阪以西が一律630円、以東が一律860円。数量に制限がありますが、スマートレター180円(うみしお450g×1個 or うみしお200g×2個)、レターパックライト360円(うみしお450g×2個 or うみしお200g×4個)でのご注文も承ります。お支払いはお届け時に同封の郵便振込み用紙にてお願いします。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 私たちと塩の深イイはなし NO1
                        umisio
                      • 塩田(えんでん)に武士がいた!?
                        umisio
                      • 学習院女子大のみなさんと…
                        umisio
                      • 日の丸屋で盛り上がりました。
                        Ken Kaasaki
                      • 私たちと塩の深イイはなし NO1
                        夢追人
                      • 学習院女子大のみなさんと…
                        和田伸二
                      • 塩田(えんでん)に武士がいた!?
                        そのかわ
                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        umisio
                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        日の丸屋
                      • 快晴です。
                        umisio

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM