五島うどん地獄炊き&婚活セミナー

0

     

    久しぶりの更新となりました。

     

    朝からどんよりしています。

    このところ雨つづきです。

     

     

    昨日は、長崎から二人のお客様。

    前田旅館の女将の運転でお越しいただきました。

     

    お昼に地獄炊きを楽しもうという企画。

     

    なんでも奉行がなんもかんもしてくれますので助かります。

     

     

    駄洒落も加わり盛り上がります。

    しかし今日は何となく切れが悪かったような…。

    ガソリンが足りなかったかも。

     

    幸せいっぱいの彼女には次回はご夫婦でお越しいただきたいものです。

    2時間くらいみっちり塩のはなしをしてあげましょう。

     

     

    満腹になると眠ってしまう、う〜ん子どものまんま。

     

    楽しかったです。

     

     

    で、夕方はいつもの社会福祉センターの集会室。

     

    長崎県婚活サポートセンター主催の

    「未来予想図ワークショップin上五島」が開催されました。

    これは結婚やライフイベントについて学ぶ機会を提供するワークショップ。

     

    講師役としてなんとこの私めに白羽の矢がささりました。

    もとより結婚などについてお話することなど何もない人間ですが、

    「婚活の背景にどんな社会的問題があるのか?」といった視点でなら取り組めると思い、

    お引き受けした次第。

     

     

    婚活対象者はどういったタイプに分かれるのか?

    結婚を妨げるどういった社会的要因があるのか?などなど

     

    みなさんの結婚観をお話いただきながら、

    考えていきました。

     

    タイプとしては三つある?

    〃觝Г靴燭い箸いΠ媼韻鬚發辰討い訖諭

    ∈は仕事中心、とか、○歳までは仕事とか、自分が立てた人生計画に忠実であろうとする人、

    7觝Г鰐詰、とあきらめている人

     

    タイプ△稜愀覆砲蓮◆屬覆鵑任蘯分で決めなきゃ(周囲の声や縁よりも自分)」「周囲に流されては絶対だめ」といった現代的な考え方があり、

    タイプの背景には、「収入が○円以上ないと無理」「非正規の社員じゃないからだめ」といった本人、周囲の見方、

    社会的な風潮が反映されているのでは?

     

    個別の問題について手当をすることはあくまで対症療法。

    個別の問題には必ず根っこがあり、それへの手当てを一方では考えていかなければ、問題はまた起きる。

    婚活の背景にも社会的な問題が横たわって(「娘の結婚相手には正規の社員でないと許さない」とか、「コンビニのパートで働いているうちは結婚など無理」とか)いるので、

    婚活を推進するためには、

    それを阻んでいるものは何かをしっかり見極め、

    社会全体でどう取り組んでいくかを考え、実行していかなければ根本的な解決は難しいのではないか?

    つまり、婚活の問題は周囲の私たちの問題でもある、といったところで終えました。

     

    みなさんからもたくさんの声をいただき、

    楽しく、かつ勉強になるひとときとなりました。

    ありがとうございました。

     

     

    18時からは、当講座に参加していたカフェメンバーで懇親会。

    前田旅館さんの横の事務所をお借りしました。

     

    引き続き結婚をテーマに楽しく飲んで、騒いで、議論しました。

     

    いい機会になりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.06.26 Monday
      • -
      • 10:00
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      訪問者数

      無料カウンター

      うみしお工房&塩づくり風景

      国産塩3種の製法と成分の違いについてお話します!



      お客様の声 新上五島町青方郷 竹山茂雄様



       

      ご注文方法



        photo by wakamatsu
      '16年3月1日に料金を改定しました。
      五島のうみしお450g 1,200円
      同      200g  600円
      同      1繊 2,300円
      塩こしょう   80g   400円
      ハーブ塩    70g   400円
      ご注文は電話ファックス0959−55−2780あるいはEメール:shioyanome@yahoo.co.jpでお願いします。 送料は大阪以西が一律630円、以東が一律860円。数量に制限がありますが、スマートレター180円(うみしお450g×1個orうみしお200g×2個)、レターパックライト360円(うみしお450g×2個orうみしお200g×4個)でのご注文も承ります。お支払いはお届け時に同封の郵便振込み用紙にてお願いします。

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 「重開き」兼お花見へ。
        umisio
      • 「重開き」兼お花見へ。
        日の丸屋
      • 快晴です。
        umisio
      • 快晴です。
        ヨシ
      • 日の丸屋〜奈摩・青砂地区を散策
        川 謙
      • 北中職場体験学習最終日
        umisio
      • 北中職場体験学習最終日
        kenny
      • 岩瀬浦の須崎地区に行ってきました。
        umisio
      • 岩瀬浦の須崎地区に行ってきました。
        佐賀の江村
      • ツアーの正真正銘の終わり
        umisio

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM