塩田(えんでん)に武士がいた!?

0

     

    あったかいです。

    今日は小学校の卒業式だったようです。

     

     

    一昨日のことです。テーブルにあった一冊のタイトルが目に飛び込んできました。

     

     

    一目みて「えっ!」。え・ん・で・ん・武士。

     

    なんと、塩田に武士がいたんだ!初耳!

     

    たしかに塩田は藩(江戸時代)の重要な財源。

    赤穂藩と吉良家の争いの原因として、赤穂の塩田に吉良が産業スパイを送ったことがあげられているくらい、

    塩田の技術というのが当時、重要だったのは間違いありません。

    よって、そこを警護する武士がいるのは全くおかしくない。

    (目付、奉行、馬回りといった役職と同じ並びで塩田目付的な…)

     

    これは知らなんだ〜初耳じゃ〜勉強不足じゃ〜

    恥ずかしやら、学習意欲ががぜん沸くやら…

     

    「上五島高校」とのスタンプがあるので、ミーが学校から借りてきた本です。

     

    さすが!塩屋の娘。

    私にこの本の存在、いや塩田武士の存在を教えてあげよう♪と思ったのか?

    それとも、自分で勉強しようと思ったのか?

    いずれにしろ、あっぱれ!

     

     

    わしが先に読んで構わんやろ、

    どれどれ、塩田武士ってどんな仕事してたのかしら?

    結構重労働もやらされたりしてたり…

     

    興味深々と本を開いていると…

     

     

    グリコ森永事件をベースとした小説とな?

     

    えっ?

     

    そうなの?

     

    がっくり。

     

    作者は、しおたたけし。塩田武士。

     

    えんでんぶし、って読むのおれだけ??

     

     

    帰ってきた奥様をつかまえて、

    「これなんと読む?」

     

     

    「しおたたけし?」

     

    う〜ん、正解です!

     

     

    「でも、えんでんって読みそうになったでしょ?」

     

    「全然…」

     

    えっ?わたしだけ?

     

    私には「えんでん」としか読めなかったのに。

     

    正解だけど、塩屋のおかみとしては不正解しょ。

     

     

    とにかく、

     

    これは職務熱心さがなせるわざ?

     

    それとも職業病?

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.08.19 Saturday
      • -
      • 15:43
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2017/05/05 9:03 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      訪問者数

      無料カウンター

      うみしお工房&塩づくり風景

      国産塩3種の製法と成分の違いについてお話します!



      お客様の声 新上五島町青方郷 竹山茂雄様



       

      ご注文方法



        photo by wakamatsu
      '16年3月1日に料金を改定しました。
      五島のうみしお450g 1,200円
      同      200g  600円
      同      1繊 2,300円
      塩こしょう   80g   400円
      ハーブ塩    70g   400円
      ご注文は電話ファックス0959−55−2780あるいはEメール:shioyanome@yahoo.co.jpでお願いします。 送料は大阪以西が一律630円、以東が一律860円。数量に制限がありますが、スマートレター180円(うみしお450g×1個orうみしお200g×2個)、レターパックライト360円(うみしお450g×2個orうみしお200g×4個)でのご注文も承ります。お支払いはお届け時に同封の郵便振込み用紙にてお願いします。

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 「重開き」兼お花見へ。
        umisio
      • 「重開き」兼お花見へ。
        日の丸屋
      • 快晴です。
        umisio
      • 快晴です。
        ヨシ
      • 日の丸屋〜奈摩・青砂地区を散策
        川 謙
      • 北中職場体験学習最終日
        umisio
      • 北中職場体験学習最終日
        kenny
      • 岩瀬浦の須崎地区に行ってきました。
        umisio
      • 岩瀬浦の須崎地区に行ってきました。
        佐賀の江村
      • ツアーの正真正銘の終わり
        umisio

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM