学習院女子大のみなさんと…

0

     

    今日も快晴。気温は昨日より少しましな気がします。

    あご漁の船も出ています。

     

     

    午前中、日の丸屋がお友だちを連れてきてくれました。

    波があって海水浴はできませんでしたが、

    その分、塩のはなしをしっかり聴いていただきました。

     

    昨日に続き、スケッチブックが大活躍!

    食に関心の深いお客様でしたのでつっこんだ話ができました。

    こちらも楽しかったです。

     

    ありがとうございました。

     

     

    さて、昨日は午前から中五島高校へ。

     

    学習院女子大学の先生と学生さん方が、

    「自然環境論・長崎集中講義」のために、上五島に滞在中。

     

    本日は、中五島高校の生徒さんを交え「味わい教室」が開かれました。

    午後から、物産品のキャッチコピーを生徒たちで作るからと、

    嶋藤先生から声がかかり、出かけた次第です。

     

     

    会場となった4階からの眺望もサイコー。

     

     

    運動場側をみるとこんな感じです。

     

     

    午前中は、品川明教授による味わい教育。

    品川先生は、もともとは無脊椎動物、とりわけしじみの研究者で、

    今は、国際文化交流学部日本文化学科で教鞭をとりながら、

    フードコンシャスネス研究所所長、学びの創造塾の理事長をなさっています。

     

    味わい教育とは、栄養学とは異なり、

    正解の食べ物はなにか、ということではなく、

    食べるということはどういうことか?

    五感をつかって食べることの重要性とか、

    非常に間口の広い学問です。

     

    例えば、

     

     

    また、食べるときは、視覚、聴覚、嗅覚も使っていること。

     

    味覚のうち、苦みや酸っぱさが少量でも感じやすいのは、

    それが体にとって危険性が高いから。

     

    甘味は少量で感じにくいのは、

    炭水化物など活動にとって大量に必要だから。

    そういう内容です。

     

    東洋医学的な発想に近いといっていいと思います。

    というわけで、共感しきり。

     

     

    講座の中身もさることながら、

    先生の授業の進め方に敬服。

     

     

    Tシャツにエプロン。

    先生と生徒の敷居がほぼゼロ。

     

    そして、授業は次のようなお約束のもと進みました。

     

     

    とにかく、生徒の発想をいかに引き出すか。

     

     

    教えることのできるもの、

    教えるのではなく気づかせるもの

    をしっかり分けておられるところに感銘しました。

     

    これが本当の学問の姿勢ですね。

     

    塩の大切さについてもあちこちで触れておられました。

     

    9時40分から12時30分までぶっとうし、

    すばらしい講座でした。

     

     

    そして、午後からが私の出番。

    上五島の物産のキャッチコピーを作るというワーク。

    五島うどん、かんころもち、そして塩。

     

     

    二つのグループに分かれてワーク。

    途中、塩の製法などについて私か話をさせていただきました。

    いつものスケッチブックが大活躍。

     

     

    まとめて最終的に発表。

     

     

     

     

    15時半に終了。

     

    商品そのものだけでなく、製法、作り手の思い、地域の特性などを踏まえて考えるのが品川流。

    その過程が大事ですね。

     

    今日は料理研究家の黒川陽子さんもお越しで、

    塩についてのご意見なども頂戴し、有意義な1日となりました。

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.05.21 Monday
      • -
      • 15:04
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      先日は急にお邪魔して塩の大事な話しを教えてくださってありがとうございました。今度また遊びに行きます。
      • 和田伸二
      • 2017/09/02 8:54 AM
      和田様
      コメントをいただいたのにお返事せずに失礼しました。コメント機能がおかしく気づきませんでした。またのお越しをお待ちしております。
      • umisio
      • 2017/11/13 8:51 AM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      訪問者数

      無料カウンター

      うみしお工房&塩づくり風景

      国産塩3種の製法と成分の違いについてお話します!



      お客様の声 新上五島町青方郷 竹山茂雄様



       

      ご注文方法



        photo by wakamatsu
      '16年3月1日に料金を改定しました。
      五島のうみしお450g 1,200円
      同      200g  600円
      同      1繊 2,300円
      塩こしょう   80g   400円
      ハーブ塩    70g   400円
      ご注文は電話ファックス0959−55−2780あるいはEメール:shioyanome@yahoo.co.jpでお願いします。 送料は大阪以西が一律630円、以東が一律860円。数量に制限がありますが、スマートレター180円(うみしお450g×1個 or うみしお200g×2個)、レターパックライト360円(うみしお450g×2個 or うみしお200g×4個)でのご注文も承ります。お支払いはお届け時に同封の郵便振込み用紙にてお願いします。

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 私たちと塩の深イイはなし NO1
        umisio
      • 塩田(えんでん)に武士がいた!?
        umisio
      • 学習院女子大のみなさんと…
        umisio
      • 日の丸屋で盛り上がりました。
        Ken Kaasaki
      • 私たちと塩の深イイはなし NO1
        夢追人
      • 学習院女子大のみなさんと…
        和田伸二
      • 塩田(えんでん)に武士がいた!?
        そのかわ
      • 「重開き」兼お花見へ。
        umisio
      • 「重開き」兼お花見へ。
        日の丸屋
      • 快晴です。
        umisio

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM