学習院女子大のみなさんと…

0

     

    今日も快晴。気温は昨日より少しましな気がします。

    あご漁の船も出ています。

     

     

    午前中、日の丸屋がお友だちを連れてきてくれました。

    波があって海水浴はできませんでしたが、

    その分、塩のはなしをしっかり聴いていただきました。

     

    昨日に続き、スケッチブックが大活躍!

    食に関心の深いお客様でしたのでつっこんだ話ができました。

    こちらも楽しかったです。

     

    ありがとうございました。

     

     

    さて、昨日は午前から中五島高校へ。

     

    学習院女子大学の先生と学生さん方が、

    「自然環境論・長崎集中講義」のために、上五島に滞在中。

     

    本日は、中五島高校の生徒さんを交え「味わい教室」が開かれました。

    午後から、物産品のキャッチコピーを生徒たちで作るからと、

    嶋藤先生から声がかかり、出かけた次第です。

     

     

    会場となった4階からの眺望もサイコー。

     

     

    運動場側をみるとこんな感じです。

     

     

    午前中は、品川明教授による味わい教育。

    品川先生は、もともとは無脊椎動物、とりわけしじみの研究者で、

    今は、国際文化交流学部日本文化学科で教鞭をとりながら、

    フードコンシャスネス研究所所長、学びの創造塾の理事長をなさっています。

     

    味わい教育とは、栄養学とは異なり、

    正解の食べ物はなにか、ということではなく、

    食べるということはどういうことか?

    五感をつかって食べることの重要性とか、

    非常に間口の広い学問です。

     

    例えば、

     

     

    また、食べるときは、視覚、聴覚、嗅覚も使っていること。

     

    味覚のうち、苦みや酸っぱさが少量でも感じやすいのは、

    それが体にとって危険性が高いから。

     

    甘味は少量で感じにくいのは、

    炭水化物など活動にとって大量に必要だから。

    そういう内容です。

     

    東洋医学的な発想に近いといっていいと思います。

    というわけで、共感しきり。

     

     

    講座の中身もさることながら、

    先生の授業の進め方に敬服。

     

     

    Tシャツにエプロン。

    先生と生徒の敷居がほぼゼロ。

     

    そして、授業は次のようなお約束のもと進みました。

     

     

    とにかく、生徒の発想をいかに引き出すか。

     

     

    教えることのできるもの、

    教えるのではなく気づかせるもの

    をしっかり分けておられるところに感銘しました。

     

    これが本当の学問の姿勢ですね。

     

    塩の大切さについてもあちこちで触れておられました。

     

    9時40分から12時30分までぶっとうし、

    すばらしい講座でした。

     

     

    そして、午後からが私の出番。

    上五島の物産のキャッチコピーを作るというワーク。

    五島うどん、かんころもち、そして塩。

     

     

    二つのグループに分かれてワーク。

    途中、塩の製法などについて私か話をさせていただきました。

    いつものスケッチブックが大活躍。

     

     

    まとめて最終的に発表。

     

     

     

     

    15時半に終了。

     

    商品そのものだけでなく、製法、作り手の思い、地域の特性などを踏まえて考えるのが品川流。

    その過程が大事ですね。

     

    今日は料理研究家の黒川陽子さんもお越しで、

    塩についてのご意見なども頂戴し、有意義な1日となりました。

     

     


    気づいたらあご漁が始まっていました。

    0

       

      今朝はだいぶ冷え込み、秋を感じました。

       

      工房に行ったらあのエンジン音。

      そう、あご漁が始まっていたのです。

       

      バタバタしていてすっかり忘れていました。

      例年お盆過ぎくらいから始まります。

       

      今年はどうでしょうか?

      果たして今年はわが家であご焼きができるのか?

       

      値段次第ですね。

       

       

      さて、昨日の長崎新聞に、地域おこし協力隊のミサキングが登場。

      金曜日からやっている江ノ浜での移動カフェが取り上げられていました。

       

       

      肩の力を抜いた取り組みが徐々に浸透してくことでしょう。

       

      なかなか行けませんが応援しています!

       

       

      さて、このリュックは?

      実は、ミーが友だちからもらった誕生日プレゼント。

      少し前に流行ったそうですが、

      いろんな菓子をつないで作ってくれたそうです。

       

       

      スナック菓子とかいろいろ。

      これは食べがいがありそうです。

       

      そのほか、たくさんのお友だちからいただいていました。

       

      酒のつまみになりそうなのは…

       

      実は、先週からわが家は誕生日シーズンでして、

      23日がミー、26日がヒロ、29日が義父。

       

      ごちそうのおすそ分けをいただいております。

       

       

       

       

       

       


      大岡昇平「野火」

      0

         

        さて塩づくりです。

        この時期は大きくきれいな結晶ができます。

         

        さて、塩の結晶といえば、

        今月のNHK「100分de名著」は大岡昇平著「野火」。

        昨日が第3回で、来週が最終回を迎えます。

         

        「野火」は太平洋戦争のレイテ島を舞台とした小説。

        日本兵が山中をさまよったうえ捕虜として収監されるまでを描いています。

         

        大岡昇平もフィリピン戦線?で捕虜になっていることから、

        実話の部分も混ざっているのでは、とも言われているようです。

         

        「野火」の中では塩も登場、生死を左右するその力ゆえに小説中でも重要な役割を担っています。

        ずっと前のうちの情報紙「しおのはなし」でも紹介たところです。

         

        この番組でも早速、第二回で塩が登場しました。

         

         

        教会にふらふら入っていった田村一等兵は、

        床下に黒く光る結晶を発見します。

         

         

        塩を得た田村一等兵は、仲間の中でも優越した地位を得ることになります。

         

         

        今回の解説は、作家の島田雅彦氏。

         

        で、「そもそも塩というのは…」という話となり、

        すっかりお株を奪われた形です。

         

        でも、これは岩塩でしょうか?レイテ島であれば海水から作った天日塩かも?

        天日塩は固形で産出されるので、よく岩塩と勘違いされるのです。

         

         

        で、

         

         

        兵士の語源も塩。

         

         

        で、

         

         

        兵士に払われる賃金の語源も塩、というわけです。

         

        「知っとるわい!」とテレビに向かって突っ込みを入れているのはだれ?

         

        第二回では、かなりの比重が「塩」で割かれていました。

         

        そして、一昨日放映の第3回で、その貴重な塩がなくなっていきます。

         

         

         

         

        塩がなくなり、テーマは人肉食へと移っていきます。

         

        死を目前に控えた人間がどのような思考経路になるのか?

        大岡独自の視点で描かれていきます。かなり重たい内容です。

         

        塩は人間になくてはならないもの、

        その塩がなくなったら人間は一体どうなるのか?

         

        減塩花盛りの今、しっかり考えていきたいところです。

         

         

         

         

         

         

         

         


        長崎歴史文化博物館→長崎県美術館→長崎県立長崎図書館へ。

        0

           

          20日から21日にかけて長崎市内へ。

          20日午前中、長崎歴史博物館です。

           

          九州商船の滞在型事業の調査でお邪魔しました。

           

           

          ちょうどお茶巡りツアーをご案内中。

          お茶という視点で歴史を学ぶ、素敵です。

           

           

          塩やお茶、シンプルなものほど深く学べる、楽しく学べる。

          ということで近隣の方はぜひ!

          また参加者に余裕があるそうです。

           

           

          翌朝は長崎県美術館。

          遠目には見ていましたが、入るのははじめて。

           

           

          ミーは高美展でお世話になっています。

          さて、今年は受賞なるか?

           

           

          午後からは長崎県立長崎図書館へ。

          5、6年前調べものがあってお邪魔した以来です。

           

           

          実は今春、長崎県立長崎図書館協議会の委員の改選があり、

          10名の委員のうち2名が公募されていたので応募。

          委員を拝命いたしました。任期は2年です。

           

          いろんな分野の人との出会いが楽しみです。

          (お塩のうんちくを押し売りするのが狙いか!?)

           

          今日はその第一回の会議というわけです。

           

           

          公開の会議ということですので、許可をいただき数枚ほど撮らさせていただきました。

           

           

          最初の会議ということで、館内もご案内いただきました。

           

          形式的なやり取りで終わると思いきや、

          いろんな意見、質問が出て有意義な時間を過ごしました。

           

          どの委員さんもいろんな分野で活躍されている方ばかりで、

          これからが楽しみです。

           

          終了予定の16時を回りましたので、慌ててタクシーに乗りターミナルへ。

          16時40分発のシープリンセスで無事帰宅しました。

           

          今夏のお出かけ三昧はこれにて打ち止め。

           

          というわけで今夏はまだ一度も潜っていません。

          残りの期間でなんとか、サザエ1個程度は捕りたいのですが…。

           

           

           

           

           

           

           


          ヒートアップしてます。

          0

             

            今日は第三土曜日ということで、

            奈摩郷の公民館でハモニカの会がありました。

             

            久しぶりに日の丸屋に顔を出すと、また小道具が増えていました。

             

            なになに?

             

             

            なかなかのヒートアップ状態。

            残暑のなせるわざ?

             

             

            未知の世界に突入しているようです。

             

            明日は、若松・神部のラジオ体操仲間と一緒にラジオ体操をする、

            という目的、いえ名目を掲げ、仲間たちと宿ノ浦に前夜泊するとか。

             

            ラジオ体操に遅刻しないことをお祈り申し上げます。

             

             

             


            残暑がつづきます。

            0

               

              残暑がつづいております。

              特に昨日、今日は暑いですね。

               

               

              一昨日は夏休みを利用して上五島高校のK君が、

              塩づくりの応援&勉強に来てくれました。

              K君はミーの同級生。保育所のころの幼馴染です。

               

              外のかん水釜を担当してもらいました。

              そのほか、薪の運搬な作業を手伝ってもらい助かりました。

               

               

              お昼は、五島うどんの冷やし。

              正確にいうと、五島うどんの節めんです。

               

              たまにはいいでしょう。

               

               

              ヒロも駆けつけ、一緒に食べました。

              二つ下ですが結構仲良しです。

               

               

              さて、薬膳料理教室の案内です。

               

              当ブログでもご紹介しております「寺子屋*花」の大東清美さんがお越しになられ、

              9月10日(日)、11日(月)に前田旅館・別館にて薬膳料理教室を開催!

               

              今年は2月につづいて2回目となります。

              10日、11日とも10:30〜13:30時まで。

               

              会費:3,500円

               

              参加ご希望の方は、前田旅館の道津さん(52−2012)か

              小川(55−2780)までお願いします。

               

              ためになること間違いなし!

               


              セレクトロイヤル八代で米寿のお祝い。

              0

                 

                12日は伯母の米寿のお祝いが、セレクトロイヤル八代の10F「ラセーヌ」でありました。

                両親と私で参加しました。

                 

                 

                伯母はこれまで4回上五島にも遊びにきてくれました。

                 

                 

                10Fということで夜景がきれいです。

                 

                 

                久しぶりのごちそうと和やかな雰囲気で楽しい時間を過ごしました。

                伯母さんありがとうございます!

                 

                 

                 

                八代に行く前日の9日、小串育成会の夏のレクレーション。

                今年は小中学生のリクエストで、

                /綸緩ぢ膕顱↓▲弌爾戰ュー、4了遒掘↓げ峅个鬚靴泙靴拭

                 

                主会場を北中として、花火とバーベキューは天理教さんの敷地をお借りしました。

                 

                写真は「水爆弾」といわれるもの。

                相手にぶつけてびしょびしょにするという恐ろしい兵器です。

                 

                 

                まあ楽しくやっていたようです。

                 

                破裂した水爆弾のごみ拾いには少々難儀しましたが…。

                 

                 

                 

                そして18時からはバーべキュー。

                天理教さんの敷地といっても北中の目と鼻の先です。

                 

                鈴村会長のご配慮で滞りなく進みました。

                 

                 

                暗くなったら、再び北中に会場を移しての、

                 

                 

                肝試し大会。

                悲鳴が校舎中に響き渡りました。 

                 

                高校生の企画でおおいに盛り上がり(怖がり)ました。

                 

                 

                そして最後は天理教さんの敷地内で花火大会。

                 

                子どもたちも楽しんでくれたようです。

                肝試しでの怪我が心配でしたが何も起こらずほっとしました。

                 

                 

                 

                 


                巡礼ガイド講座はじまる!

                0

                   

                  昨晩から雨。午前中で止みました。

                  夕方からの育成会のレクレーションも大丈夫そうです。

                  水鉄砲大会、バーベキュー、花火、肝試し。

                   

                  けがのないように見守ります。

                   

                   

                  さて、昨日から巡礼ガイド講座がはじまりました。

                  今月は2回。初回はカトリックの信仰について中村満神父よりお話しがありました。

                   

                  実はこのガイド講座、7年くらい前だったでしょうか、受講しました。

                  中村神父とお会いするのはそのとき以来。

                   

                  あの独特な笑みを交えた講演、変わっていません。

                   

                  今月は28日には入口さんによるカトリックの歴史講座。

                  世界史から日本史に入り、さらに戦国期の九州、五島列島へと話が展開します。

                  いや〜楽しみです。

                   

                   


                  今回の台風は幸いパスしました。

                  0

                     

                    いや〜暑いです。

                    幸い台風の影響もなく先週と変わらぬ夏です。

                     

                    しばらく留守をしており久しぶりの更新となりました。

                     

                     

                    先週クラークケントさんに寄ると、

                    今度はレジ横に場所が変わっていました。

                    きれいに陳列してあります。

                     

                     

                    さらに先週の3日(木)の長崎新聞に、

                    小串郷の元郷長である浜崎さんが登場。

                     

                    小串出身で当町の偉人・頴原退蔵博士の功績を記した小冊子の発行を伝える記事。

                    今から4、5年前、浜崎さんを中心に頴原博士の顕彰碑を建立、

                    そして、このたびは博士の功績を小冊子にまとめられました。

                     

                    顕彰碑建立のおりは、この地区の子どもたちと工房前の海岸の丸石を集めて、

                    顕彰碑を囲む土台に埋め込みました。

                     

                    マルゲリータの近くなのでぜひ一度お立ち寄りください。

                     

                     

                    頴原博士は与謝蕪村、松尾芭蕉などの研究の大家。

                    その研究の成果は頴原退蔵著作集として20数巻が刊行、

                    もちろん、当町の中央図書館にも蔵書があります。

                     

                     

                    もっとも、門外漢の私に博士の業績を自らの口で語ることなどできません。

                    が、いずれは俳諧の世界にも手を伸ばし、博士の業績を実感したいと思っています。

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    夏ど真ん中です。

                    0

                       

                      暑い日が続いています。

                       

                      夏ど真ん中です。

                      海パンで毎日仕事しています。

                       

                      こうなるとかえって涼しくて楽ですね。

                       

                       

                       



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      訪問者数

                      無料カウンター

                      うみしお工房&塩づくり風景

                      国産塩3種の製法と成分の違いについてお話します!



                      お客様の声 新上五島町青方郷 竹山茂雄様



                       

                      ご注文方法



                        photo by wakamatsu
                      '16年3月1日に料金を改定しました。
                      五島のうみしお450g 1,200円
                      同      200g  600円
                      同      1繊 2,300円
                      塩こしょう   80g   400円
                      ハーブ塩    70g   400円
                      ご注文は電話ファックス0959−55−2780あるいはEメール:shioyanome@yahoo.co.jpでお願いします。 送料は大阪以西が一律630円、以東が一律860円。数量に制限がありますが、スマートレター180円(うみしお450g×1個 or うみしお200g×2個)、レターパックライト360円(うみしお450g×2個 or うみしお200g×4個)でのご注文も承ります。お支払いはお届け時に同封の郵便振込み用紙にてお願いします。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        umisio
                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        日の丸屋
                      • 快晴です。
                        umisio
                      • 快晴です。
                        ヨシ
                      • 日の丸屋〜奈摩・青砂地区を散策
                        川 謙
                      • 北中職場体験学習最終日
                        umisio
                      • 北中職場体験学習最終日
                        kenny
                      • 岩瀬浦の須崎地区に行ってきました。
                        umisio
                      • 岩瀬浦の須崎地区に行ってきました。
                        佐賀の江村
                      • ツアーの正真正銘の終わり
                        umisio

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM