昨日の続きから

0


    ハチミツの出来を見せてなかったので…
    なんで中途半端なやつばモデルに選ぶと?



    小ビンが8個、大ビンが1個。
    金持ちになった気分です。



    それと昨日の結晶の写真もアップし忘れてたので…



    これが横から見た姿。ピラミッドですね。
    夏の期間はこうした綺麗な結晶ができやすいのです。
    なぜか知らねど…



    ひっくり返したらこんな感じです。



    今日は早朝より畑(旧)の草刈。



    ビフォー。
    2、3日後にアフターをアップしたいです。


     
    ミツバチたちも朝早くから活発に動き回っています。
    これは前回収穫できなかった方の巣箱。



    こちらは収穫した方の巣箱。

     

    盗られた分頑張って集めよう!

    今日も暑くなるでしょうね。

    ハチミツ第二弾が…

    0


      台風はそれていくようです。
      でも強風が来る前に来て欲しい人が…



      と思ってると奥さまから携帯に電話。
      岩永さんがきてくれてたとのこと。
      v(=^0^=)v



      横倒しにして一番上の段と二番目の段に包丁を入れて、
      切り離します。上の段のハチミツが今回の収穫になります。
      二段目にはハチの幼虫が入っていますし、ここまで収穫すると
      ハチたちの食料までなくなっちゃいます。
      なんでも持ちつ持たれつ、ほどほどが肝心ですね。




      ほら!写真ば撮らんね!
      まずまずの収穫が期待できるそうです。
      ほんと、まじで楽しみです。



      取り去った一段の箱は下に差し込んで収穫終了。今度は秋です。



      今年分封した方の巣箱はまだまだ。
      一段継ぎ足してもらって秋を待ちます。

      岩永さん、吉村さん暑い中お疲れさまでした。


       

      ハチミツゲットなるか?

      0


        朝から岩永さんから電話。
        昨年から置いている方の巣箱の蜂の巣を取りにくるとのこと。
        この時期に最上段の部分を切っておかないと(理由は忘れましたが)
        だめなんだそうです。
        本格的な収穫は夏ですが、この時点でも少しハチミツが採れるかも、とのこと。



        「ほら、中ば見てみらんね」
        ほんと、下まで巣が垂れ下がっていて、ミツバチもたくさんいます。



        さあ、作業開始です。
        巣箱の一番上の蓋を開けて…



        最上段と二番目の箱の隙間に包丁を入れて巣を切り取ります。
        とった巣は岩永さんが持ち帰り、ハチミツを採取して、
        半分をうちにバックしてくれるシステムです。



        最上段をとった後の巣はこうなっています。
        このように巣は上から下へ大きくなっていくのです。

        少し食べてみらんね。包丁で切っています。




        わが家のミツバチが作った貴重なはちみつ。
        もちろん、あまーくておいしいです。

        4,5ビンほど分は採れるのでは…とのこと。
        今から楽しみです。


         

        4回目の分封です。

        0
           

          午前中、塩工房から家に戻ると、
          あたり一面ミツバチだらけ。
          これは間違いなく分封です。とすると4回目。



          巣箱あたりも騒がしいです。



          みっけ!
          やっぱりこの場所がいいのでしょうか?
          3回目、4回目はどこかへ飛んじゃいましたが、
          昨日、あみめんさんから欲しいと言われていたので早速電話。



          夕方、取りにお越しいただきました。
          こちらも助かります。
          まだ明るいうちはミツバチが出入りするのでもって帰れません。
          暗くなってから私が入口に蓋をしておいて、明朝取りにきていただきます。



          こんな感じです。(これは翌朝の写真)



          右奥にみえるのが昨年からの巣箱。
          真ん中があみめんさんに引き取っていただく巣箱。
          左手前が今年最初に分封したのが入っている巣箱です。

          こんなに近いのに、自分を産んだ女王蜂がいる巣箱以外には入らないそうです。

          そういえば、今日浦桑郷のマルセイ(写真屋)さんに行ったとき、
          こんなのを見つけました。



          天ぷら油火災などを想定した投げ込むだけの消火器。

          テレビなんかではよく見るのですが、
          どこに売ってるのか、なかなか買う機会がないものです。

          やっぱ、実際に火災になったときは、普通の消火器は使いづらいもの。
          (あたりが粉だらけになるし)そうこうするうち火が広がって…

          子どもでも簡単に使えるものを置いとけば安心かな?




          2個買いました。1個525円です。
          いざというときのための備えと考えれば安いかもです。








          分封ってすごい!

          0

            この間からミツバチの分封を紹介していますが、
            またまた分封しちゃいました。
            これは二回目のやつ。最初の半分くらいです。



            さらに今日も何やらうるさいと思ってたら、



            同じ梅の木の少し高いところに分封してました。
            2回目のときのさらに半分くらいでしょうか。

            もったいないですがもう巣箱はいりませんので放ったらかしましょう。



            ヒヨコも白い羽がはえてきました。



            最近はあずきちゃんの親猫までいつくようになりました。
            前までは見ただけで逃げていたのですが…


            ギリギリセーフ

            0


              ヒヨコがきてからミーとヒロはかかりっきりです。



              午前中、ティーブレイクしていたら、
              外で何やら零戦のようなすごい音が…しまった(T_T)/~~ 
              もしかしてミツバチの分封?
              外へ出たらすごい数のミツバチが飛び交ってます。

              分封とは、巣箱に新しい嬢王蜂が誕生すると、
              以前の女王蜂が自分の働き蜂たちを引き連れて新しい巣を作ること。

              分封の時期になると、この新しいミツバチたちが止まる場所を作って、
              捕獲して新しい巣箱に入れる準備をしないといけないのですが、
              しばらくいなかったので何もしていませんでした。

              ダメもとで岩永さんに電話。
              すると、しばらくするとどこか木とかに止まっているから探してて…
              見つけたら電話して。



              遠いところをあちこち探していると、なんと巣箱の目の前の梅の木に。
              これで3〜5千匹はいるとのこと。

              一旦、こういったところにぶら下がって、
              新しい巣を探し、そこに移動していくのだそうです。
              その間1日くらい。その前にこれを新しい巣箱に移すのです。



              午後、岩永さん登場。
              人件費節約のために私も網つき帽子をかぶってお手伝い。

              「真下に巣箱をもってきて」



              「さあ、落とすぞ」



              「よし入った!」



              まだ少し残っていますが、徐々に新しい巣箱に入っていくそうです。

              もっとも、さっきの集団に、女王蜂が入らずにここに残っていたら、
              全員がまたここに戻ってくるとか。

              「1時間たったらそれがわかるので電話して」
              「そうなったらもう一度作業をやり直す」のだそうです。



              新しい巣箱はとりあえず昔の塩小屋の前に。
              幸い、女王蜂が入っていたのでこのままでOKでした。

              はじめてみる分封の現場。自然の営みにはいつも驚かされます。



              夕食は久々の海の幸。
              あまり魚を歓迎しない子たちも大喜びでした。
              子アジもおいしいし、



              これからイサキのシーズン。
              皮を焼いて、これまたまいうー。
              これからもっと安く手に入るでしょう。









              寒気がやってくるようです。

              0

                今日から本格的な寒さに入るようです。
                天気予報では午後から雪が。



                と、いうわけで朝から何やらとりだして…



                ミツバチの巣を防寒仕様にします。
                寒くなったら上の方だけでも防寒してた方がいいよ、
                と岩永さんから言われていたので。




                発泡スチロールを巣箱の大きさに合わせて切り貼り。
                やりだしたら結構面白いのです。



                予報どおりちらほら雪が?

                いえいえ、これは発泡スチロールのくず。
                まるで雪のようです。

                これでこの冬は大丈夫でしょう。
                頼むから今年はハチミツを食べさせてくれよ!


                蜂蜜の収穫はいかが?

                0
                   

                  朝薄暗いうちから夫婦で共同作業。

                  I永さんから「たまには抱えて様子をみなきゃ」といわれたので
                  ミツバチが飛ばない暗いうちに覗いてみました。

                  抱えて20キロくらいあれば収穫といわれていましたが、
                  抱えてみると10キロもないくらい。



                  抱えているところをミーに写真をとってもらいましたが、
                  上の方に少しだけあるくらい。まだまだたまっていません。



                  一番下の箱はしょっちゅう掃除しろ、とのことなので
                  入れ替えて掃除します。



                  北九州の居酒屋で仮歯が破損して、
                  数日後に外れたのでまたまた歯医者さんへ。



                  帰りにtuwazakiさんところへ。
                  コピー機を借りてその上、コーヒーまでいただきました。
                  本人は留守なのに…

                  ありがとうございました。







                  ミーのミツバチの自由研究

                  0
                     

                    小串の上筋からの風景。
                    K様に配達に行ってきました。



                    散歩のとき。
                    背中に「バカ」と書いてあります。



                    最近、ヒロが大人向けの本にはまっています。
                    「塩の摂り過ぎはいけないか」うーん。いい本です。



                    ミーの自由研究の成果が戻ってきましたのでご紹介をば。











                    こんな感じです。
                    見えづらくてすいません。
                    ミツバチの研究はほんと奥深いです。







                    蜂ロウづくりに挑戦

                    0


                      油断すると屋根の上に
                      天井から根っ子が出てくるのでたまに切らないと…



                      「落ちないでよ」とミー。
                      高いところは苦手なのでそろそろと。



                      無事全部処理しました。



                      このところの残暑の厳しさといったら。
                      最初のころ涼しかったのでますます暑く感じます。



                      巣箱にもすだれをかけてやりました。



                      お昼、昨日作った焼きプリンをいただきました。
                      今までで一番の出来。
                      カラメルの苦みとプリンの甘みが絶妙なハーモニー。
                      販売してもいいんじゃないの。



                      午後、岩永さんところで蜂ロウづくり体験。



                      蜜をとった蜂巣を鍋に入れて水を加え煮ます。
                      75℃?になったら溶けるそうです。



                      こんな感じになります。



                      布で濾して



                      冷えるのを待ちます。



                      すると徐々に黄色い物質が固まりはじめ、



                      岩永さんの高校時代の先輩・Y村さんにもお手伝いいただきました。



                      これが蜂ロウです。
                      これを持ち帰ってもう一度溶かして…



                      翌日の朝の出来上がり。
                      ロウの芯にはタコ糸を三つあみにして使います。
                      芯もいただきました。



                      自由研究としては最高でしょう。



                      ちょうど販売用のハチミツ詰めの作業中でした。



                      分けていただきました。
                      おいしいですね。
                      花によって味が違うので季節によって味が違ってきます。
                      そういう楽しみ方っていいですよね。



                      さらに、岩永さん自家製のかんころ餅もいただいちゃいました。
                      シンプルで素朴でかんころの味が出てまいうーです。



                      途中、祝部さんの作業場へ。
                      昨日、カヌーの進水式に案内いただいていたのですがいけなくて。



                      ちょうど半額セール中でした。みなさんいかがですか?



                      奥さんたちは展示場を見るのははじめてです。



                      夕食後クッキーづくり。



                      ラップに包んで凍らせ、翌日に切ってオーブンで焼きます。





                      これは焼く前です。
                      白く見えるのはアーモンドのスライスです。



                      翌日、まいうーでした。



                      それと川越から送ってきたブドウも毎日いただいています。
                      おいしいですよ。



                      風呂を上がって恒例のトランプ。
                      最近ではこのトランプ中にビール(発泡酒)を飲むのが定番に。
                      風呂上がり、寝る前の一杯、サイコーです。








                       


                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      訪問者数

                      無料カウンター

                      うみしお工房&塩づくり風景

                      国産塩3種の製法と成分の違いについてお話します!



                      お客様の声 新上五島町青方郷 竹山茂雄様



                       

                      ご注文方法



                        photo by wakamatsu
                      '16年3月1日に料金を改定しました。
                      五島のうみしお450g 1,200円
                      同      200g  600円
                      同      1繊 2,300円
                      塩こしょう   80g   400円
                      ハーブ塩    70g   400円
                      ご注文は電話ファックス0959−55−2780あるいはEメール:shioyanome@yahoo.co.jpでお願いします。 送料は大阪以西が一律630円、以東が一律860円。数量に制限がありますが、スマートレター180円(うみしお450g×1個orうみしお200g×2個)、レターパックライト360円(うみしお450g×2個orうみしお200g×4個)でのご注文も承ります。お支払いはお届け時に同封の郵便振込み用紙にてお願いします。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        umisio
                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        日の丸屋
                      • 快晴です。
                        umisio
                      • 快晴です。
                        ヨシ
                      • 日の丸屋〜奈摩・青砂地区を散策
                        川 謙
                      • 北中職場体験学習最終日
                        umisio
                      • 北中職場体験学習最終日
                        kenny
                      • 岩瀬浦の須崎地区に行ってきました。
                        umisio
                      • 岩瀬浦の須崎地区に行ってきました。
                        佐賀の江村
                      • ツアーの正真正銘の終わり
                        umisio

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM