息子が職場研修でケーキを

0
     

    昨日から今日までの二日間、

    長男がケーキ店「菓子の木」(有川郷)にて

    職場体験。

     

    タイミングよくお礼をもっていく先があったので

    妻とケーキを買いに。


    ドア越しに妻の接客をしている息子の姿が。

     

    自分が手伝ったロールケーキを

    お土産にいただいたそうだ。

     

    ブログ20、21日 003.jpg

    ブログ20、21日 004.jpg
     

    (食べかけのようにみえるのは、義父宅におすそわけしてきたから)

    ご迷惑をおかけしたうえお土産まで。

    「菓子の木」さん二日間にわたり

    お世話になりました。

     


    釜づくり(レンガをしいたり)

    0

      朝から畑の手入れ。

      今年はキュウリが元気がいいので
      畑にも少々力が入る。
      それにしても、雨が降った後の
      草の成長の早いこと。



      9
      時半にレンガが到着。


      ブログ20、21日 002.jpg

      敷き詰める。


      ブログ20、21日 005.jpg


      その後、
      旧小屋から、

      脱水用の洗濯機、カメ、タンクを

      義父と運び出す。



       義父さんお疲れさまでした。
       


      特大の卵が…

      0
         


        今日は、わが家のにわとりが特大の卵を産卵。

         

        ブログ20、21日 001.jpg

        (左から チャボの卵 いつもの卵 特大の卵)

        こうした特大卵を目にするのは

        この10年で5回あるかないか。

        そのうち一度は、

        黄身のない白身だけの気味(黄身)の悪いものもあった。



        でも、だいたいは黄身が二つ。

        さて中身はどうなっているか
        明日が楽しみ。


         


        釜の試し焚き

        0
           

          試し焚き実施。

          ブログ20、21日 002.jpg


          炎もあがり、順調に煙も流れるので
          釜を固定することに。
          (ただしあちこちから煙が漏れている)

           

          一旦釜を外し、
          耐火レンガの上に耐火モルタルを塗布。
          そして釜を元の場所に戻す。



          ブログ20、21日 004.jpg


          隙間に耐火モルタルが入り込み、
          耐火レンガと釜の隙間がなくなる、
          という仕組み。
          (これで煙の漏れがなくなる)


          ブログ20、21日 010.jpg

          談笑する工場長?の義父と
          二人の美人妻。

          午後、阿瀬津郷の「旭板金」さんへ。

          今春、福田さん経由で孵卵器をお貸しし、
          お礼として猪肉をいただいた。


          そのおり、ここのご主人の趣味人ぶりを聞き、

          一度お会いしたいと思っていたところ、


          釜の入口に
          L字型の板金が必要となり、

          この機会に訪ねることに。


          車を20分ほど走らせて到着。

          工場近くに自宅らしき家が…
          声をかけると、すぐに
          ご主人・浜崎丈記さんが
          出てくる。


          挨拶もそこそこに、
          家の周囲で飼っている

          チャボ、かめ、鯉、フナ、金魚、メダカなどを拝見。

          やはり風流人であった。

          ブログ20、21日 009.jpg 

          (自宅横で飼っているチャボ)


          ブログ20、21日 008.jpg
          (みどりがめもこんなに大きくなるそうだ) 


          ブログ20、21日.jpg

          (5メートルほどもある池には、コイやフナ、メダカも)
           

          別の場所(七目)には、
          また違う種類のチャボもいるということで

          5分ほど車を走らせる。



          ブログ20、21日 006.jpg

          とても綺麗。かなり値が張ったとか。



          けんかチャボもいました。

          わが家のおんどりは人間に向かってくるのですが、

          ここのは人間には向ってきません。



          ブログ20、21日 007.jpg 

          けんかチャボ

           

          チャボの卵ををお土産にいただきました。

          チャボの卵を見たのは久々。

          こんなに小さかったんだ!

          ブログ20、21日 012.jpg

          (左はわが家の卵、右がもらったチャボの卵)


           今度は子どもたちを連れて行こう!


          今日もガイド研修会へ…

          0
             
            昨日に引き続き、
            本日もガイド研修会に参加してきました。

            10時〜14時 入口事務局長の講演

             
             五島はカクレキリシタンの島。
             だから、教会がたくさんあるのですね?

             


             と、
             
             
             観光客から質問を受けたとき
             あなたは答えることができますか?



             ここから入口さんの講義は始まった。


             まずは、1300年以降のアジアの状況

             次に、1500年以降の西洋の状況

            そして、戦国時代における日本、
             並びに、九州北部(長崎、佐賀)の状況。

             よどみなく続く講演。

             なぜ、五島に教会が多いのか?
             すべての背景を理解した今では
             少々自信をもって話せそうだ。


             しかし、入口さんはただ者ではない。
             これだけ歴史について面白く、
             体系的に話せる人を知らない。

             少なくとも学校の先生にはいないだろう。

             全く恐るべき人間である。
             

            DSC04671.JPG 

            本物の歴史の勉強がここにあった。

            また、入口さんは一流の講演者でもあった。

            その後、事務局員の犬塚明子さんから、

            五島におけるキリシタン史についての講義。

            DSC04676.JPG

            (写真がぶれてすいません)

            新上五島ステーション(支所)の下峰五月さんは、
            当島の大平地区にお住まいのカトリック信者。

            信者としての思いのたけをお話いただきました。

            DSC04678.JPG 


            来週の現地研修が楽しみです。
            それまでにもう少し勉強をしておかねば…
            なお、長崎巡礼センターは

            長崎の教会群の世界文化遺産の登録を控えて、

            旅する人々に豊かな巡礼を願い設立されたNPO法人です。

            現在の理事長は中村満さん(カトリック滑石教会神父)です。

             


            ガイド研修会に参加

            0
               

              今日から20日(日)、26日(土)27日(日)の4日間にわたる
              ガイド育成のための研修(正式名称は、「大教区が公認するオフィシャルガイド育成講座」)に参加してきました。


              必ずしもガイドを引き受けなくてもよいということを知り参加。


              お客様をご案内する際に上五島の教会についての知識があれば
              もっと楽しんでいただけるのでは?と考え参加することに。

              4日間にわたって
              NPO法人・長崎巡礼センターの皆様からご指導を
              いただくことになりました。


              本日は、10時〜16時まで、
              長崎巡礼センターの理事長の中村満さんから
              カトリック概論(10時から16時)について
              講義がありました。
              中村さんは長崎市の滑石教会の神父もお勤めです。



              上五島の教会を案内するに際し、
              最低限のカトリックに関する知識が必要となります。
              カトリックの基本中の基本について講演いただきました。


              DSC04667.JPG

              カトリックとは何か?
              教会とは何か?(教会と教会堂の違いなど)
              ユダヤ教とは?
              キリスト教の歴史、聖書

              などなどほぼ5時間かけて学びました。


              今回のような長時間にわたる講義の聴講は久しぶり。
              少々眠気もさしましたが、
              もともと興味のある分野ですので、
              とても有意義な時間になりました。

              DSC04666.JPG

              参考図書としてわたされた本も
              講義と並行して読まなければ…。 



              仏教や神道にも通じる話もあり…

               

               


              鍼灸院・明倫堂へ今村さんと

              0
                今日は終日雨模様。

                午後から、tuwazakiさんと明倫堂へ。

                明倫堂は2カ月ほど前に
                東京都中野区からこの島に移住してきた
                高嶋さん夫妻がやっている鍼灸院。

                先月のIターン者の集いで知り合い、
                こちらの情報誌を渡したりする中で意気投合。

                昨日、tuwazakiさんに話をしたところ、
                早速、診てもらいたいということで、
                はじめてお宅兼診療所を訪問することに。

                場所は網上げ地区。
                典型的な漁村の風景です。

                DSC04659.JPG

                場所は、網上げバス亭から20メートルほど入ったところ。
                空家を借りておられます。味のあるおうちです。

                DSC04661.JPG

                現代医療の問題で盛り上がりました。
                医療についての考え方が似ているので
                先日もわが家で話が盛り上がりました。
                いろいろな経験をへて鍼灸師となった高嶋さん。
                一つ一つの話が胸にストンと落ちてきます。

                DSC04654.JPG


                話題は尽きないが、早速診てもらうことに。

                とてもよかったようで、
                ぐっすり眠りこんでしまったというtuwazakiさん。

                鍼灸や東洋医学は興味深いし、奥深い。

                いつかまたじっくり書きたいものです。









                釜組み開始

                0

                  午前中は、仕上げ釜の整備。
                  横についている支え板などが邪魔になるので
                  サンダーでこさぎおとす。

                  DSC04652.JPG


                  午後、建材屋さんから耐熱レンガ50個、
                  コンクリートブロック40個が届く。

                  さあ、釜の土台を作り始めるぞ!

                  DSC04648.JPG

                  今回は、基礎などは作らず、地面の上にそのまま
                  耐熱レンガとコンクリートブロックを組み上げ、
                  その上に、仕上げ釜二つを乗せる方法をとる。


                  仕上げの場合は、それほど火力をあげないので、
                  これで十分なことがこれまでの経験で明らか。
                  予算も安く済むし、都合が悪いときは場所を移すことができる。
                  いうことなし。

                  偉そうなことを言っているが、
                  先輩のトラさんや佐野さんのアドバイスで
                  踏み切ったことを付け加えてなくては…。

                  二時間あまりでできあがり。

                  DSC04653.JPG

                  ところが、煙突の上のほうが屋根にひっかかる。
                  建材屋に相談に行こうと車を走らせる。

                  途中、トラさん宅に立ち寄る。
                  トラ独自のスス除けのスチール網
                  (釜の上に乗せる網で蒸気は通すがススは入らない網)
                  について相談すると
                  使わないものがあるからくれるという。
                  見ると新品同然。
                  事業開始からお世話になっているトラさん。
                  またもやお世話になりました。




                  旧レンガを下に運搬

                  0
                     使えそうな耐熱レンガを下の工房に運搬。

                    上の道路まで運ぶのが大変でくたくた。

                    運んだら一つ一つのレンガを水で洗い、
                    明日からのレンガ組みに備える。

                    雨が降っているので…

                    0

                      朝から雨が…
                      カッパを着て
                      解体した耐火レンガのうちどれくらい使えるか
                      カウント
                      60個くらいは使えそうなので
                      新たに50個ほど発注することに。

                      奥さんは手芸サークルにでかけたので、
                      浜辺君宅へ出かける。


                      街へ出かけ図書館などの要件を済ませ
                      帰りに惣菜を購入

                      浜辺君宅で両夫婦で食事。
                      もちろん、二人はビール。

                      島ではこれを時化まつりと呼ぶ。

                      4時過ぎに帰宅。
                      わが家で二次会。

                      アジ刺しをつまんで再度ビールからスタート。




                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      訪問者数

                      無料カウンター

                      うみしお工房&塩づくり風景

                      国産塩3種の製法と成分の違いについてお話します!



                      お客様の声 新上五島町青方郷 竹山茂雄様



                       

                      ご注文方法



                        photo by wakamatsu
                      '16年3月1日に料金を改定しました。
                      五島のうみしお450g 1,200円
                      同      200g  600円
                      同      1繊 2,300円
                      塩こしょう   80g   400円
                      ハーブ塩    70g   400円
                      ご注文は電話ファックス0959−55−2780あるいはEメール:shioyanome@yahoo.co.jpでお願いします。 送料は大阪以西が一律630円、以東が一律860円。数量に制限がありますが、スマートレター180円(うみしお450g×1個orうみしお200g×2個)、レターパックライト360円(うみしお450g×2個orうみしお200g×4個)でのご注文も承ります。お支払いはお届け時に同封の郵便振込み用紙にてお願いします。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        umisio
                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        日の丸屋
                      • 快晴です。
                        umisio
                      • 快晴です。
                        ヨシ
                      • 日の丸屋〜奈摩・青砂地区を散策
                        川 謙
                      • 北中職場体験学習最終日
                        umisio
                      • 北中職場体験学習最終日
                        kenny
                      • 岩瀬浦の須崎地区に行ってきました。
                        umisio
                      • 岩瀬浦の須崎地区に行ってきました。
                        佐賀の江村
                      • ツアーの正真正銘の終わり
                        umisio

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM