昨日に引き続き大雨

0
     

    午後1時からオフィス坂口さん。

    今後のブログの展開等について相談。


    できれば、IT関連に疎い
    私の良きパートナーとなっていただけたら…。

    この打ち合わせの間が、
    一番の土砂降りだったようだ

     

     


    長男、次男が体調不良で

    0
       

      次男の体調が悪そう。

      「学校休む?」と聞くと、「大丈夫、行ける」との返事。

      しかし、どうも顔色が悪い。


      「学校休もうか?」と聞くと、大きく頷くので休ませる。

      子どもは子どもなりに頑張っている。

       

       

      午後、中学校から電話。

      「長男にジンマシンが出ている」。

      土砂降りの中、迎えに行く。



      以前にも同じ症状。風邪の一種

      夕方には回復。

      わが家では滅多なことでは
      病院には行かせない。

      「君子、病院に近づかず」
      私の尊敬するお医者さんの言葉である。


      ガイド研修最終日(島の北部の教会を回る)

      0

        本日は、島の北部の教会で現地研修

        900 役場本所前に集合し、マイクロバスで出発。

         

        途中、立串郷にある柴田一族の墓を見学。

        ブログ26,27日 017.jpg

        織田信長の家臣・柴田勝家一族が秀吉との戦に破れ、

        この地区に流れ着いた、という。

         

        最初の訪問先は、大水教会。

        ちょうど結婚式が行われていたので、

        中には入ることはできなかった。

        ブログ26,27日 029.jpg

        でも、入口事務局長の言葉を借りれば、

        生きている教会を見ることができるのは幸運。

        私もはじめてこうした場面に遭遇した。

         

         

        次に、江袋教会。

        ブログ26,27日 036.jpg


        五島で最古の木造教会であったが

        2007年に焼失。

        その日は、地元の消防団員として消火活動に参加。

        トンネルを抜けたとき目に飛び込んできた火災の炎。

        いまだあの光景は忘れられない。

         

         

         

        1100、この島の最北端・津和崎郷に到着。

        海上タクシー「津和崎丸」で野崎島へ。

        ブログ26,27日 003.jpg

        船長は山口美吉さん。別名「えびす腹船長」。

        5月の連休中、この船で小値賀島を観光したばかり。

        山口船長のブログ「津和崎丸」もよろしく。

         ブログ26,27日 049.jpg 



        10
        分ほどで野崎島に到着。

        野首教会を見学。

        ブログ26,27日 045.jpg





        その後、「野崎島自然学塾村」で昼食。

        この施設は木造校舎をそのまま利用した施設で

        宿泊、日帰りでの利用が可能。

        島の体験施設としては申し分なし。

        ブログ26,27日 044.jpg

         

        この島にはかつて800名ほどの人が住んでいた。

        しかし、徐々に島から人々が出て行く。

        この野首地区の人たちは、1971年に一緒に離島した。

        「一番のきっかけは何か?」と問われた元住民が

        「そりゃ電気の来たけんでしょう」。

        あまりにも文明の真髄をついているやり取りが

        最近でた長崎の本に掲載されていた。

        今は鹿だけが住んでいる。

        ブログ26,27日 047.jpg
        一匹がこっちを見ている。


        帰りの船の上でホラ貝を吹く森さん。
        40歳になってから吉本興業の面接を受けたそうだ。
        とても面白い人。



        ブログ26,27日 001.jpg



         

        200 津和崎港に着。

         

        赤波江教会

         

        曽根・大浦教会

        ここは現在使われていない教会。

        ブログ26,27日 014.jpg 

         

        そして、この教会の脇にあるのがわが塩工房。

        というわけで、妻にお茶をふるまってもらう。

        残念ながら写真を撮るのを忘れた。

         

        400役場本所で終了式。

         

         ブログ26,27日 016.jpg

         

         

        大変有意義な4日間だった。

         

         

         

        教会の現地研修

        0
           

          本日と明日は現地研修

          今回は普段訪れない教会での研修。
          私自身も桐教会以外ははじめての教会。

           


          9
          時に若松の郷の首港に集合。

          船での教会巡りが、

          悪天候のためマイクロバスに変更。

          土砂降りの中、若松、奈良尾地区の教会を回る。

           

           

           

          最初に大平教会。

          若松大橋をわたり、若松港を経由して

          奥へ奥へとバスは進む。

          一人だったら、

          この先に人が住んでいるのか不安になるだろう。



          ブログ26,27日 009.jpg
           

           

           

          次に日島方面に回り有福教会

          ブログ26,27日 018.jpg 

          午前中最後は土井ノ浦教会。

          といってもこの時点ですでに1時近く。

          みんなお腹が減っている様子。

           

           

          桐教会まで移動して昼食。

          6月上旬、原口夫妻と訪れたばかり。

          天気が悪くても海は独特の美しさ。

           

           

           

          浜串教会。港口にある「希望の聖母像」も見学。

          ブログ26,27日 028.jpg

           

          出発のとき、畑中シスターがバスに登場。

          聖書のフレーズにメロディーをつけた自作の唄を披露。

          その美しい歌声に皆が聞き惚れる。

          ブログ26,27日 034.jpg 

          船隠教会。

          昔、NHKに陸の孤島として紹介されただけあり

          独特の雰囲気がある。

           

           

          佐野原教会。

          この島で唯一海の見えない場所にある教会という。

          たしかに、島であることを感じさせない景色。


          ブログ26,27日 039.jpg

           

          17時頃、郷の首港に到着

           

          そして、…

          ブログ26,27日 012.jpg

          18
          30〜浦桑郷のホテルメリッサで懇親会。

          個性派揃いの面子でおおいに盛り上がる。

          事務局長の入口さん

          お誕生日おめでとうございます!

           

           


          朝から雨が降って…

          0
            朝5時に起床。
            すると息子がテレビの前に。

            なんと夜中の3時に起きて、
            ワールドカップを見ていたとか。

            日本がデンマークに3対1で勝ったそうな。
            監督は大変だ。持ち上げられたりけなされたり。



            起きるとすでに雨が降っていた。

            昨日の塩釜を見に行くと、
            もう少し焚かねばならない。

            義父の家でブログをうったり、
            妻とコーヒーを飲んだりしながら
            塩の進捗をみる。

            一昨日から、
            ガイド研修会で紹介された
            「長崎のキリシタン」(片岡弥吉著・聖母文庫)
            をアマゾンで取り寄せ、
            長崎や五島における
            キリスト教の伝来や迫害について勉強中。

            明日からの
            現地研修が楽しみだ。





            移設後はじめての塩焚き

            0

              移設後はじめての仕上げ焚き。


              カメからかん水を釜に注いだところで

              釜に塩と酒をそそぎ

              神様に祈りを捧げる。

              ブログ20、21日 006.jpg

              どうぞ無事に焚けますように。
               

              塩を焚く一方で、
              義父に
              これまで通気上空けていた壁に
              透明波板を打ちつけてもらった。

              ブログ20、21日 009.jpg 

              (これまでは上部には通気を考えて壁をしていなかった)

              これで梅雨の間の塩焚きも大丈夫。



              初めての塩焚きは順調で

              うみしお特有の美しい結晶が浮かび始めた。
              ほっと一安心

               


              息子が職場研修でケーキを

              0
                 

                昨日から今日までの二日間、

                長男がケーキ店「菓子の木」(有川郷)にて

                職場体験。

                 

                タイミングよくお礼をもっていく先があったので

                妻とケーキを買いに。


                ドア越しに妻の接客をしている息子の姿が。

                 

                自分が手伝ったロールケーキを

                お土産にいただいたそうだ。

                 

                ブログ20、21日 003.jpg

                ブログ20、21日 004.jpg
                 

                (食べかけのようにみえるのは、義父宅におすそわけしてきたから)

                ご迷惑をおかけしたうえお土産まで。

                「菓子の木」さん二日間にわたり

                お世話になりました。

                 


                釜づくり(レンガをしいたり)

                0

                  朝から畑の手入れ。

                  今年はキュウリが元気がいいので
                  畑にも少々力が入る。
                  それにしても、雨が降った後の
                  草の成長の早いこと。



                  9
                  時半にレンガが到着。


                  ブログ20、21日 002.jpg

                  敷き詰める。


                  ブログ20、21日 005.jpg


                  その後、
                  旧小屋から、

                  脱水用の洗濯機、カメ、タンクを

                  義父と運び出す。



                   義父さんお疲れさまでした。
                   


                  特大の卵が…

                  0
                     


                    今日は、わが家のにわとりが特大の卵を産卵。

                     

                    ブログ20、21日 001.jpg

                    (左から チャボの卵 いつもの卵 特大の卵)

                    こうした特大卵を目にするのは

                    この10年で5回あるかないか。

                    そのうち一度は、

                    黄身のない白身だけの気味(黄身)の悪いものもあった。



                    でも、だいたいは黄身が二つ。

                    さて中身はどうなっているか
                    明日が楽しみ。


                     


                    釜の試し焚き

                    0
                       

                      試し焚き実施。

                      ブログ20、21日 002.jpg


                      炎もあがり、順調に煙も流れるので
                      釜を固定することに。
                      (ただしあちこちから煙が漏れている)

                       

                      一旦釜を外し、
                      耐火レンガの上に耐火モルタルを塗布。
                      そして釜を元の場所に戻す。



                      ブログ20、21日 004.jpg


                      隙間に耐火モルタルが入り込み、
                      耐火レンガと釜の隙間がなくなる、
                      という仕組み。
                      (これで煙の漏れがなくなる)


                      ブログ20、21日 010.jpg

                      談笑する工場長?の義父と
                      二人の美人妻。

                      午後、阿瀬津郷の「旭板金」さんへ。

                      今春、福田さん経由で孵卵器をお貸しし、
                      お礼として猪肉をいただいた。


                      そのおり、ここのご主人の趣味人ぶりを聞き、

                      一度お会いしたいと思っていたところ、


                      釜の入口に
                      L字型の板金が必要となり、

                      この機会に訪ねることに。


                      車を20分ほど走らせて到着。

                      工場近くに自宅らしき家が…
                      声をかけると、すぐに
                      ご主人・浜崎丈記さんが
                      出てくる。


                      挨拶もそこそこに、
                      家の周囲で飼っている

                      チャボ、かめ、鯉、フナ、金魚、メダカなどを拝見。

                      やはり風流人であった。

                      ブログ20、21日 009.jpg 

                      (自宅横で飼っているチャボ)


                      ブログ20、21日 008.jpg
                      (みどりがめもこんなに大きくなるそうだ) 


                      ブログ20、21日.jpg

                      (5メートルほどもある池には、コイやフナ、メダカも)
                       

                      別の場所(七目)には、
                      また違う種類のチャボもいるということで

                      5分ほど車を走らせる。



                      ブログ20、21日 006.jpg

                      とても綺麗。かなり値が張ったとか。



                      けんかチャボもいました。

                      わが家のおんどりは人間に向かってくるのですが、

                      ここのは人間には向ってきません。



                      ブログ20、21日 007.jpg 

                      けんかチャボ

                       

                      チャボの卵ををお土産にいただきました。

                      チャボの卵を見たのは久々。

                      こんなに小さかったんだ!

                      ブログ20、21日 012.jpg

                      (左はわが家の卵、右がもらったチャボの卵)


                       今度は子どもたちを連れて行こう!



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>

                      訪問者数

                      無料カウンター

                      うみしお工房&塩づくり風景

                      国産塩3種の製法と成分の違いについてお話します!



                      お客様の声 新上五島町青方郷 竹山茂雄様



                       

                      ご注文方法



                        photo by wakamatsu
                      '16年3月1日に料金を改定しました。
                      五島のうみしお450g 1,200円
                      同      200g  600円
                      同       70g  300円
                      同      1繊 2,300円
                      塩こしょう   80g   400円
                      ハーブ塩    70g   400円
                      ご注文は電話ファックス0959−55−2780あるいはEメール:shioyanome@yahoo.co.jpでお願いします。 送料は大阪以西が一律630円、以東が一律860円。数量に制限がありますが、スマートレター180円(うみしお450g×1個 or うみしお200g×2個)、レターパックライト360円(うみしお450g×2個 or うみしお200g×4個)でのご注文も承ります。お支払いはお届け時に同封の郵便振込み用紙にてお願いします。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 私たちと塩の深イイはなし NO1
                        umisio
                      • 塩田(えんでん)に武士がいた!?
                        umisio
                      • 学習院女子大のみなさんと…
                        umisio
                      • 日の丸屋で盛り上がりました。
                        Ken Kaasaki
                      • 私たちと塩の深イイはなし NO1
                        夢追人
                      • 学習院女子大のみなさんと…
                        和田伸二
                      • 塩田(えんでん)に武士がいた!?
                        そのかわ
                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        umisio
                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        日の丸屋
                      • 快晴です。
                        umisio

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM