ハルちゃんお久しぶり♪

0

     

    今日は雨も風もだいぶ落ち着きました。

     

     

    そんな中、かわいいお客様がわが家にやってきました。

     

     

    ハルちゃんです。

    以前お預かりしたのはもうだいぶ前ですね。

     

    最初はだいぶ緊張してましたが、

     

     

    散歩に連れ出すと元気になりました。

    子どもたちも喜ぶでしょう。

     

     

     

     


    大きくてきれいな結晶。

    0

      朝から大雨に見舞われています。

      しばらくはつづくようです。

       

       

      外は雨ですも工房では着々と塩の結晶ができています。

      夏は大きくてきれいな結晶が作りやすいです。

       

       

       

      これです。

       

      いつでも見学歓迎です。

      是非、足をお運びください。

       

       


      台風一過。世界遺産登録!&私たちと塩の深イイはなし16

      0

         

        台風7号やっと通り過ぎました。

        私どもに関しては被害はありませんでした。

        多くの方にご心配いただきありがとうございます。

         

        それほど大きい台風ではなかったようですが、

        直撃ということでかなり風は強く、枝や葉がちらかっていました。

         

         

        上の階段からの様子です。

         

         

        工房は一応無事です。

         

         

        台風のあとはゴミが打ち上げられ、

        ホースが埋まっていました。

         

         

        なんと今うちの上の道路を路線バスが通っています。

         

        先週金曜日の大雨で山向こうの曽根地区で土砂崩れがあり現在通行止め。

        よって、全ての車がこの道路を通るというわけです。

         

         

        この道路はバスの路線となっていないので、

        路線バスが通る光景がチョー珍しくて、

        ついつい写真を撮ってしまいます。

         

        でも、早い復旧をお祈りしています。

         

         

        30日の夕方、鯨賓館ミュージアム。

        世界遺産登録のパブリックビューイング(?)があるとのことで、

        ミーと出かけてきました。

         

        遅くまでかかりそうだったので、17時過ぎに退散、

        しか〜し、18時前に決定したとのこと。

         

        残念。記念切手をもらい損ねました。

         

        でも、

        関係者のみなさん長い間お疲れさまでした。

         

        今後は私も九州商船蠡攤澤織魁璽妊ネーターとして、

        上五島にお役に立てるプラン作りに邁進します!

         

        そうそう、だいぶ時間がたってしまったのですが、

        先月、久しぶりに長崎新聞に投稿しました。

        結構反響があったのと、「私たちと塩の…」シリーズとも関連が深いので、

        紹介させていただくことにします。

         

        内容は、

        インフルエンザ治療薬・タミフルの10代投与解禁についてです。

         

        なぜこれがこのシリーズと関係があるか?

         

        今の医療界の統計データに対する姿勢、

        データの取り扱い方、さらにメディアの対応が、

        塩と高血圧の関係など「塩悪玉説」と共通する点があるからです。

         

        投稿の土台となったのは、長崎新聞5月17日の記事。

         

         

        2017年、タミフルを服用した中高生が、

        服用直後に自宅から道路に飛び出し車にはねられて死亡したり、

        高層マンションから飛び降りて死亡したりする事故が頻発したため、

        10代に対するタミフルの服用が禁じられたのはご記憶と思います。

         

        その後、タミフルの10代投与の是非について、

        厚労省の専門家委員会で議論が続けられてきました。

         

        早い時期から、投与再開の突破口として「異常行動」が注目を集めてきました。

         

        どういうことか?

         

        昔からインフルエンザの症状がひどい場合、

        「うわごとを繰り返す」「ぼーっとして部屋をうろつく」

        などの症状があることは知られていました。

         

        これを「異常行動」と定義したのです。

         

        そうするとどうなるか?

        薬がない時代からみられたそうした軽易な症状と、

        服用後に道路に飛び出して車にはねられる、

        高層マンションから飛び降りるといった恐ろしい行動が、

        「異常行動」という言葉でひとくくりになります。

         

        あとは自然の流れです。

        記事にはこうあります。

         

        会議では、異常行動とタミフルの因果関係は分からず、

        服用の有無や薬の種類で異常行動の発生に大きな差はないと判断した。

         

        つまり、薬を飲んでも飲まなくても「異常行動」は起こるので、

        タミフル服用を禁止する意味がないとうことです。

         

        たしかに、うわごとを言うのも、道路に飛び出すことも「異常行動」になったので、

        理屈に何ら落ち度はありません。

         

        さらに記事はこうつづきます。

         

        子どものインフルエンザ患者の異常行動の報告は続いており、

        薬を服したかどうかかにかかわらず、できるだけ目を離さないよう保護者に注意喚起を続ける。

         

        今回の専門会議で決まったことは、

        .織潺侫襪療衢榛導

        異常行動で引き起こされる結果を回避するのは保護者の責任。

        とうことです。

         

        さらに、今回の再開の前段として、昨年、厚労省は次のような通知を都道府県に出しています。

        (1)窓や玄関の施錠する

        (2)窓に補助錠(格子)を設置する

        (3)一戸建ての場合は1階に寝かせる

         

        で、投稿してみました。

        長崎新聞5月17日の「声」欄です。

         

         

         

         

        もっとも、塩屋の言葉をそのまま信用するのは危険です。

         

        心配な方は、ぜひお医者さんに質問してみてください。

         

        Q 薬を服用してしなくても異常行動は起こるということですが、

          薬を服用しないで高層マンションから飛び降りて亡くなったり、

          道路に飛び出して亡くなった人はどれくらおられるのですか?

          服用した人と同じ割合でおられるのですか?

          

        Q これまで、インフルエンザにかかっときお医者さんから、

          「高層マンションの場合は格子つきの部屋で寝かせなさい」とか

          「2階建ての家では1階に寝かせなさい」とか、

          「二日間は子どもから目を離したらいけない」とか

          一度も言われたことがないのですがどうしてですか?

         

         

        この突込みどころ満載の内容に対して、

        新聞やテレビなどのメディアは沈黙をつづけています。

         

        タミフルの危険性を訴える医療関係者もたくさんいるのですが、

        そうした主張は一切取り上げません。

         

        でも驚きません。

         

        減塩の危険性についても同じ姿勢だからです。

         

        それについては、減塩についてお話するとき取り上げたいと思います。

         

         

         


        諏訪神社に行ってきました!

        0

           

          先週、日の丸屋さんはリフォームまっさかり。

          出た廃材を取りにいきました。

           

          今週あたり完了予定とのこと。

           

           

          七輪を入れていたテーブルもうみしお工房で解体を待っています。

           

           

          先週22日は九州商船蠡攤澤浸業の関係で、

          長崎市の諏訪神社、正確には同敷地内の長崎県神社庁にお邪魔しました。

           

          私が現在制作中の「大人になってからの修学旅行」への協力をあおぐのが目的です。

           

           

          実は諏訪神社に来るのははじめて。

           

          わ〜でかい!

          少々、驚かされました。

          階段の段数もかなりあります。

           

           

          ここで政彦神社の吉村宮司と合流、

          神社庁事務所にお邪魔し、打ち合わせさせていただきました。

           

          今まで触れたことのない分野なのでいろんな面で触発されました。

          もちろん、プランの趣旨にもご賛同いただき、協力をいただくこことになりました。

           

          午後一、九州商船蠅砲邪魔して結果報告、

          そのまま諏訪神社近くに踵を返し、

          公私ともにお世話になっているK様、N様の職場を訪問。

           

          プランの話から文章の話までさせていただきました。

           

           

          そして、またまた豪華な夕食をごちそうになりました。

          ありがとうございました。

           

           

          その日はホテルに宿泊して早朝、八代の実家へ。

           

          免許返納&マイカー喪失で普段外出がままならないので、

          レンタカーを借りて両親をあちこち連れまわりました。

           

          で、帰りには「ゆめの樹」さんでお土産を買って帰りました。

          ついこの間までそこにダイがいたのですが…不思議な感じです。

           

          今、兵庫で頑張っています。

          休みには同期と車で京都や滋賀まで出かけ、

          スイーツの店を回ったりして楽しそうです。

           

           

           

           


          上五島歴史と文化の会平成30年度総会

          0

             

            梅雨真っ盛りといった感じです。

             

             

            うちのアジサイも真っ盛り。

             

             

            ヒロが「学生服に変な虫がついてる!」。

            カミキリムシですね。

            たしかに珍しい色です。

             

             

            さて、16日(日)は上五島歴史と文化の会総会が開かれましたので、

            ミーと参加してきました。

             

            4月の開催予定だったのですが、悪天候で流れて6月になってしまいました。

             

            20分ほどの総会のあと6月定例会。

             

             

            今回のテーマは昨年3月に引き続き、

            「町内小中学校の校歌の由来」です。

             

            今回は残り3地区、上五島、若松、奈良尾地区です。

             

             

            上五島地区については、事務局長の鉄川さんと吉村会長、

            若松地区については荒木さん、

            奈良尾地区については平田さんが発表されました。

             

            前回と今回の発表、並びに新たな調査を加えて、

            来年3月定例会において、

            「郷土の校歌から見えてきた近現代の日本の姿

            〜講座を通じて知った歴史を学ぶことの意義と面白さ〜」

            というテーマでミーが発表します。

             

            高校生生活3年を総括する卒論になれば、という感じですね。

             

            地元の校歌を通じて、歴史、音楽はもちろん、

            いろんな教科を渡り歩いていければと思っています。

             

            「校歌についてこんなこと知っているよ!」

            「校歌からこんなこと学べるよ!」

            といった情報がありましたら是非お寄せ下さい!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            カフェで県立大学のみなさんとお勉強。

            0

               

              昨日はカフェ。

              県立大看護栄養学部のみなさんの実習にあわせて実施しました。

               

              県立大のみなさんとのコラボも今年で3年目になります。

              昨年までの2回はビブリオバトルをしました。

               

              今年は、実習テーマの「過疎地域に住む高齢者の健康維持サポートを発掘しよう!

              に沿って意見交換を行いました。

               

               

              いつもの山口先生、重富先生が引率です。

               

              地域の実態について、

              津和崎のエビス腹船長から話をいただいたりと有意義な時間となりました。

               

              金曜日の午後、福祉センターで実習の報告会がありますので行ってきます。

               

               


              「梅漬け」に挑戦!

              0

                 

                このあいだはミーの梅酒づくりをご紹介しましたが、

                今回は「梅干し」ならぬ「梅漬け」に挑戦の巻です。

                 

                7日(木)の夜、実行しました。

                 

                ではいったいなぜ「梅漬け」?

                なぜ「梅干し」じゃないの?

                 

                「梅漬け」とは…簡単にいえば、普通の梅干しの製造工程のうち、

                「干す」工程を省略したもの。

                 

                実は、梅干しづくりで何が一番面倒かというと、

                「干す」工程であると、私は断言します。

                 

                私たちもすでに5年ほど梅干しを作ってきましたが、

                「干す」工程が一番面倒くさいと思います。

                 

                まず、まとまった晴れの日を見定める。

                梅を傷つけないように瓶から取り出し、そおっとざるに並べる。

                干したら雨を心配する。

                ざるの上の梅をひっくり返す。

                 

                と、結面倒くさいのです。

                 

                この工程さえなければチョー簡単。

                 

                で、テレビで梅干しづくりの名人が、「干さなくても十分」。

                「梅漬けでも十分おいしい。」とおっしゃっていました。

                 

                干さなきゃ、とまじめに考えて躊躇するより、

                干すのにこだわらずに作ったほうが断然いい!でしょ?

                 

                でも、その前に自分たちで試してみなきゃ♪

                 

                とやってみたわけです。

                 

                 

                わが家の梅を1キロ用意。

                 

                わが家の梅干しの塩分濃度は昔ながらの20%なので、

                ちょうどうみしお200墜り(600円)1袋となります。

                 

                まるで宣伝用に合わせたみたいです。

                 

                 

                私が普段飲んでる球磨焼酎「白岳」から少々とりわけ、

                 

                 

                梅に吹きかけます。

                消毒と塩がなじみやすいから、と聞いてます。

                 

                 

                ジプロックに入れて、うみしおを投入。

                 

                二つに分けたのは、

                片方には重石をして、片方にはしないで、

                どう違うかをみてみるためです。

                あまり変わらなければここも省略しちゃえというわけです。

                 

                重石といっても1キロほどの雑誌を上から置くだけです。


                 

                この状態で1つはほったらかし、一つはこの上に1キロの雑誌をのせて放置。

                 

                 

                現在、冷暗所で保存中。(12日時点)

                左側が重石つき、右側が重石なしです。

                 

                 

                重石なしで味が良ければいいこと尽くしです。

                 

                味は来年報告します!

                 

                 

                 

                 

                 


                梅酒の仕込み完了!

                0

                   

                  4日、この間採ったうちの梅を洗って、梅酒の仕込みの準備です。

                   

                   

                  そして5日、氷と梅を交互に入れ、ホワイトリカーを投入。

                   

                  2年後、成人したときに一緒に飲むのが楽しみです。

                   


                  第29回トライアスロン大会IN上五島

                  0

                     


                    ​今年もトライアスロンの季節になりました。
                    2日(土)に開会式。今年は奈良尾体育館。

                    ​今年はスイムをはじめとして全てがここに集結しました。



                    ​で、開会式の女性の司会はいないか?
                    いないならあんたやれ、とのことでしたので、
                    ミーにおしつけちゃいました。

                    で、開会式の練習風景です。



                    で、開会式本番。
                    無事に進行が進みます。

                    ​上高からは書華道部の書道パフォーマンスに、



                    吹奏楽部による演奏が行われました。

                    ​ミーは無事に司会をやり遂げました。
                    ​ご苦労様でした。



                    ​で、3日(日)本番です。

                    ​奈良尾歯科前です。

                    今年はコースが大幅に変更になり、
                    ​このあたりの交通整理が新たに必要、
                    ということで私はここで仕事することになりました。



                    ​スイムは体育館前です。



                    最後の選手ゼッケン24番佐藤さんをお迎えして終了。



                    新しいコースで事故がないか心配でしたが、
                    無事故で終了。

                    来年は30回を迎えます。





                     


                    自宅の梅を採りました!

                    0

                       


                      梅雨の中休みです。
                       

                       


                       

                       

                      わが家の梅。
                      あままあ、なっています。
                       

                       

                       

                       


                      登ったりして
                      ​d

                       

                       

                       


                      2k舛曚疋殴奪函

                      ​ミーのたっての要望で、
                      成人したときに飲む用の梅酒を作ります。
                      あと3年後ですね。


                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      訪問者数

                      無料カウンター

                      うみしお工房&塩づくり風景

                      国産塩3種の製法と成分の違いについてお話します!



                      お客様の声 新上五島町青方郷 竹山茂雄様



                       

                      ご注文方法



                        photo by wakamatsu
                      '16年3月1日に料金を改定しました。
                      五島のうみしお450g 1,200円
                      同      200g  600円
                      同       70g  300円
                      同      1繊 2,300円
                      塩こしょう   80g   400円
                      ハーブ塩    70g   400円
                      ご注文は電話ファックス0959−55−2780あるいはEメール:shioyanome@yahoo.co.jpでお願いします。 送料は大阪以西が一律630円、以東が一律860円。数量に制限がありますが、スマートレター180円(うみしお450g×1個 or うみしお200g×2個)、レターパックライト360円(うみしお450g×2個 or うみしお200g×4個)でのご注文も承ります。お支払いはお届け時に同封の郵便振込み用紙にてお願いします。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 私たちと塩の深イイはなし NO1
                        umisio
                      • 塩田(えんでん)に武士がいた!?
                        umisio
                      • 学習院女子大のみなさんと…
                        umisio
                      • 日の丸屋で盛り上がりました。
                        Ken Kaasaki
                      • 私たちと塩の深イイはなし NO1
                        夢追人
                      • 学習院女子大のみなさんと…
                        和田伸二
                      • 塩田(えんでん)に武士がいた!?
                        そのかわ
                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        umisio
                      • 「重開き」兼お花見へ。
                        日の丸屋
                      • 快晴です。
                        umisio

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM